千葉ロッテ、平沢大河選手などが合同自主トレ開始、運転講習も

平沢大河

千葉ロッテは1月11日11時11分11秒に新人合同自主トレをスタートした。

平沢選手に担当スカウト期待

ドラフト1位で2球団が競合し千葉ロッテが獲得した平沢大河選手は、QVCマリンでノックを受けたが、「ノックも違和感なかった。1軍はここで試合をするので、この環境に慣れたい」と話した。

担当の井辺スカウトは「小坂の守備は別格だったが、そこを目指す素質はある」と話した。プロ野球選手が名手と認めていた小坂誠氏(現日本ハム2軍守備コーチ)はダイナミックなプレーよりも打球への入り方から捕球のスムーズさ、そして性格なスローイングと、基本をしっかりと行う確実な遊撃手だった。

平沢選手は高校2年時はショート奥からの長いスローイングなど、ダイナミックなプレーを見せていたが、スローイングが安定していなかったりしていた。しかし3年夏は目立ったミスもなく、安定感を増した遊撃手になっていた。守備で観客を魅せる選手になっていきそうだ。

 

ドラフト6位・信楽投手に運転講習も

また寮では、元自動車教習所教官でドラフト6位の信楽晃史投手に、運転免許未取得の高校生ルーキーが殺到しているという。平沢大河選手には9日に学科試験についてアドバイスをしており、ほかにもドラフト5位の原嵩投手なども「教えてくださいってきました」と話した。

信楽投手は「教科書も持参してきた」と話し、寮では運転免許の講習が行われていることだろう。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

担当の井辺スカウトは「小坂の守備は別格だったが、そこを目指す素質はある」と97年のパ新人王・小坂誠(現日本ハム2軍内野守備コーチ)になぞらえた。


PAGE TOP