東京ヤクルトドラフト1位・原樹理投手、広島ドラフト1位・岡田明丈投手も開幕ローテ入りへ

原樹理, 岡田明丈

昨日の横浜DeNA今永昇太投手の好投に続き、この日は東京ヤクルト原樹理投手、広島カープの岡田明丈投手が先発して好投を見せ、開幕ローテーション入りに前進をした。

ドラフト1位投手好投

原樹理投手はこの日の横浜DeNAとのオープン戦で先発、4回を投げて4安打を許しランナーを背負ったピッチングが多かった。しかし、2回には1アウト2,3塁のピンチで特大球シュートで2者を内野ゴロに仕留めて失点を防ぐと、3回にも2アウト1,2塁から筒香選手をカットボールで打ち取った。原投手は「状態が上がっていなかったけど、勝負勘が鈍っていなかった」と話し、東洋大姫路時代から投球術の評価も高く、東洋大のエースとして投げ続け、打者との駆け引きにも自信を見せていた。

広島の岡田明丈投手は、中日とのオープン戦に先発し、最速149キロを記録、速球を低めに角度よく投げ、カーブ、チェンジアップ、スライダーなども低めに集めた。3回を投げて1安打無失点、力強い速球と抜群の安定感を見せた。緒方監督も「威力のあるボールは十分に通用する。次はもっと長いイニングを」と話し、開幕ローテーションに向けて、オープン戦も回していく。

活躍と成長を期待

昨年のセリーグのドラフト1位選手では、横浜DeNAの今永昇太投手が昨日の試合で5回1安打無失点の好投、巨人桜井俊貴投手も今日のオープン戦に登板するとみられるがここまで好投を続けている。阪神高山俊選手も徐々に頭角を現し、中日の小笠原慎之介投手も高校卒ながら1軍のままここまで来ている。

パリーグはオコエ瑠偉選手、平沢大河選手が結果も残して1軍にしっかりとしがみついている。オリックス吉田正尚選手も迫力ある打撃を見せ、埼玉西武多和田真三郎投手をシーズン後半の隠し玉として慎重に準備をしている。福岡ソフトバンク高橋純平投手もじっくりと育てる方針で、北海道日本ハムの上原建太投手は紅白戦で厳しいピッチングだったが、190cmの大型左腕としてじっくり育てる方針に切り替えた。

12球団のドラフト1位がすべてチームに中心になってくれるような、2015年ドラフトは神だったと言われるような活躍を期待したい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

3回をわずか39球で料理した。最速149キロの直球、カーブ、スライダー、チェンジアップを丁寧に低めに集め、1安打、無四球の無失点。これで実戦3試合で計7回を1失点。「球数が少ないにこしたことはない。走者を出してからが課題だったので、しっかりと修正できたと思う」と充実の笑みを浮かべた。

走者を背負っても、原樹の心は前のめりに攻め続けた。2回1死二、三塁のピンチ。ともにシュートで飛雄馬を二ゴロ、関根を遊ゴロに仕留め、無失点に封じた。3回2死一、二塁では強打者・筒香をカットボールで遊飛に抑えた。「状態が上がっていなかったんですけど、勝負勘が鈍っていなかったので、そこはホッとしました」と胸を張った。


PAGE TOP