阪神、ドラフト2位・坂本誠志郎選手が1軍キャンプ、高山俊選手2軍スタートに金本監督悩む

坂本誠志郎, 高山俊

阪神は春季キャンプに参加する選手の1軍2軍の割り振りを決定し、ルーキーではドラフト2位の坂本誠志郎選手が1軍キャンプスタートとなった。高山俊選手はケガもあり2軍スタートを決めたが、決定後に高山選手のスイングを見て、悩みも見せた。

1軍キャンプスタート

阪神は昨年のドラフト会議で指名した6選手のうち、大学・社会人の選手は5人だったが、ルーキーで1軍キャンプスタートとなったのは坂本誠志郎選手一人となった。捕手では坂本選手の他に、梅野隆太郎選手、小宮山慎二選手、岡崎太一選手が1軍キャンプスタートとなり、若い梅野選手などと正捕手を争う。

他には岩貞祐太投手、陽川尚将選手、横田慎太郎選手、江越大河選手などが1軍スタートとなった。一昨年のドラフト1位・横山雄哉投手、ドラフト2位・石崎剛投手は2軍スタートとなった。

 

金本監督後悔?

ドラフト1位の高山俊選手を2軍スタートとした事について金本監督は「手術後の経過もあってあまり無理させたくないのが一番ですね。」と話し、ケガの影響を考慮したが、「でも今練習を見てみると振ってますよね。振れてます。」と話し、「連れていきたくなってきたけれど、決まってしまったのであれですけど」と、決定に対し後悔も見せていた。

しかしまずは2軍で掛布監督に打撃を見てもらい、満を持して1軍昇格という形でよいと思う。掛布2軍監督も「2軍の実戦でそれなりの結果が出れば、僕も金本監督に大丈夫ですという事ができる」と話した。2月11日から2軍の対外試合が始まるが、そこで結果を残せば2月中旬には1軍昇格となりそうだ。

2016年ルーキーの活躍・成績一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

金本監督、決定を後悔!? デイリースポーツ紙面 2016/1/23

 


PAGE TOP