侍ジャパンU18代表vs大学代表、先発は小笠原慎之介投手と創価大・田中正義投手

上野翔太郎, 佐藤世那, 小笠原慎之介, 成田翔, 田中正義

 侍ジャパンU18代表と大学代表との試合が今日、甲子園で行われる。先発はU18代表が小笠原慎之介投手、大学生が田中正義投手と発表された。

小笠原投手はツーシーム解禁

 先発が決まった東海大相模の小笠原慎之介投手は、ブルペンで甲子園では投げなかったツーシームを1球投げた。小笠原投手は以前より投げていたようだが、「相手が金属バットだったので使えなかった」と話した。金属バットの場合芯を外しても打球が高くはずんだりしてヒットになる可能性がある。木製バットであれば芯を外せば打球の勢いは落ちるため、有効な武器になる可能性がある。

 甲子園では152キロを計測し、優勝投手にもなった。しかし、その152キロの球は一塁側に鋭くファールされ、準決勝は2回で2失点、決勝は9回で6失点と圧倒的なピッチングではなかった。150キロを超す変化球にスライダーを織り交ぜるものの奪三振数は少なく、その点が気になっている人もいると思う。

 東海大相模では自分の欲を捨てることが求められ、奪三振数などでアピールすることはなかなかできなかった。この代表では一味違う小笠原投手が見られそうだ。その意味でも今日の試合で木製バットの大学生を相手にどんなピッチングを見せるのか注目される。

 

甲子園継投

 今日は小笠原投手以下、仙台育英・佐藤世那投手、秋田商・成田翔投手、中京大中京・上野翔太郎投手が継投する予定で、甲子園で活躍した投手の豪華リレーとなりそうだ。

 佐藤投手は疲労も心配されたが、西谷監督に「投げたい」と志願し登板が決まった。プロ志望も視野に入れる佐藤投手にとって、ドラフト注目候補の大学生と対戦することは、今後も進路に大きな影響を与えると思う。

 

田中正義投手と対戦

 一方、大学代表は田中正義投手が先発する。プロ若手との走行試合で4回で7者連続奪三振などでパーフェクトに抑えた最速155キロ右腕は、高校生打者にとって試練というよりは楽しみという感じだが、アメリカ代表は10人全員が90マイル(約144キロ)を以上を投げ、Forrest Whitley投手は96~97マイル(154キロ~156キロ)を記録し来年のメジャーリーグのドラフト1位候補投手もいるようだ。田中投手から1点を奪える力がなければ優勝は厳しいかもしれない。

 オコエ選手がどんな形でも良いので塁に出て、木製バットを苦にしていない平沢選手、豊田寛選手のバットに期待したい。

侍ジャパン壮行試合 U18代表 vs 大学代表

まるでフォークのような落差を見せた。小笠原が「ツーシーム行きます」と言ってブルペンで投じた1球。甲子園では一切見せなかったプロでも通用する武器を、ドラ1候補の左腕は持っていた。大学ジャパンとの一戦で先発を任される小笠原は「ツーシームで三振を取りたい。強気に攻めたいです」。これまでは「相手が金属バットだったので使えなかった」と言う。ただW杯はすべての打者が木製バットを使うことから、解禁に踏み切った。

大学ジャパンとの壮行試合には4投手が登板する。「今まで試合で投げてない選手を投げさせる」と西谷監督が語ったように、小笠原、佐藤(仙台育英)、成田(秋田商)、上野(中京大中京)と夏の甲子園を沸かせたメンバーで継投する方針。ブルペンで投球練習を行った佐藤は「いい打者がそろっているので、自分のボールを試したい。木製バットなのでボールを動かして」と力を込めていた。

相手先発を聞いた清宮は「ホントですか!」と、驚きと喜びの混じった表情を見せた。田中については6月に行われた大学日本代表壮行試合で、NPB選抜相手に7連続奪三振など快投を演じたことはすでにチェック済み。「ものすごいピッチングでしたよね」と声を弾ませた。


PAGE TOP