かずさマジック・玉井大翔投手が5回1失点「来年は自分も」

吉田奈緒貴, 山田雄太, 玉井大翔, 菊地翔太, 高橋雄輝

社会人野球日本選手権は、かずさマジック、日本新薬が2回戦に進出した。来年のドラフトに向けての候補も活躍を見せている。

かずさマジック

かずさマジックは今年のドラフト会議で北海道日本ハムから2位で指名された加藤貴之投手の登板はなく、ルーキーの玉井大翔投手が先発すると5回を4安打1失点の安定した投球を見せた。

最速は144キロ、スライダー、チェンジアップを織り交ぜたピッチングにかずさマジックの鈴木監督も「予想以上に投げてくれた。来年は加藤がいないので独り立ちしてほしい」と話した。玉井投手は「周りがプロに指名されてうれしいし刺激になった。来年は自分もという気持ちはあります」と話し、来年のドラフト会議に向けての意気込みを話した。

またかずさマジックは3番手で登板した山田雄太投手も145キロの力強い速球を見せた。ヒットと死球でピンチを招いたものの、その速球で三振を奪って締めた。山田投手は東海大望洋高校出身の2年目の投手で、最速145キロの速球を投げていた。来年はドラフト候補に入ってくる。

 

その他の来年のドラフト候補

JR九州の菊地翔太投手は、一関学院からJR九州に進み今年6年目となるが、今年もドラフト会議で指名されなかった。この日は4回から2イニングを投げて3安打無失点、最速146キロの速球を投げてまずまずのピッチングを見せた。昨年の都市対抗では140キロ後半の力強い球を投げており、今年はやや調子を落としたものの力のある投手。高校から社会人に入った投手で来年は7年目とはいえドラフト候補の一人、頑張ってほしい。

JR九州では宮崎商出身の吉田奈緒貴投手が6回から登板し3回を1安打無失点と好投した。最速147キロの投手だがこの日は142キロも好投を見せた。

信越クラブの高橋雄輝投手は日本新薬戦で先発し7回1/3を投げて3安打1失点の好投を見せた。東海大出身の3年目の投手でこの日は最速146キロを記録、チームが完封されて0-1で敗れたものの、来年につながるピッチングだった。

2015社会人野球日本選手権、3日目の対戦カードと注目選手、ドラフト指名選手

2016年度-社会人のドラフト候補リスト

2017年度-社会人のドラフト候補リスト


PAGE TOP