ドラフト指名投手対決はHondaに軍配、オリックスドラフト2位・近藤大亮投手は1球に泣く

仲尾次オスカル, 石橋良太, 近藤大亮

社会人野球日本選手権では、パナソニックvsHondaの対戦が行われ、オリックスがドラフト2位で指名したパナソニック・近藤大亮投手と、東北楽天がドラフト5位で指名したHonda・石橋良太投手が対決した。

社会人最後の対戦は互角

パナソニックの近藤投手はドラフト2位指名の通り、力強いストレートを投げ、7回4安打5奪三振1失点と好投を見せた。しかし2回には「フォークの高さが甘かった。責任を感じている」と話すようにフォークボールが浮きソロホームランを浴びた。

対するHonda・石橋良太投手も大学時代からの抜群の安定感を見せ、7回2/3を投げて5安打3奪三振も8回に同点に追いつかれる1失点をした。

共に大学卒2年目の同世代、近藤投手は大商大、石橋投手は拓殖大で大エースとして活躍をし、社会人でも成長と安定したピッチングを見せてプロ入りをつかんだ。近藤投手はドラフト2位、石橋投手はドラフト5位とドラフトの順位では差があったものの、社会人最後の対決は互角だった。

オリックスと東北楽天でこの二人の対戦は1年目から見られることになると思う。

 

仲尾次オスカル投手も好投

この試合ではリリーフ陣の明暗が分かれた。パナソニックは8回から登板した149キロの速球を投げる来年のドラフト候補の一人・北出浩喜投手が登板したものの、制球が定まらずに2/3回で1安打2四死球で降板し、それが失点につながった。

対するHondaは広島がドラフト6位で指名した仲尾次オスカル投手が登板し、1回1/3を1安打1奪三振無失点に抑え勝利した。

仲尾次投手はこの試合の前に広島カープから指名あいさつを受け、気分の良いままに試合に臨んだ。白鴎大でエースとして大活躍を見せ、WBCではブラジル代表として侍ジャパンの主軸を斬った経験もある。プロでどんなピッチングを見せるか注目したい。

2015ドラフト全指名選手

パナソニックのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

Hondaのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

社会人日本選手権1回戦(2日、パナソニック1-2ホンダ、京セラドーム大阪)オリックスからドラフト2位指名を受けたパナソニックの近藤は、二回にソロ本塁打を浴びて7回を4安打1失点。好投したものの勝利をつかめず「フォークの高さが甘かった。責任を感じている」と失点につながった一球を悔やんだ。


PAGE TOP