JX-ENEOSが2016年入部者を発表、柏原史陽投手、谷田成吾選手など11名

内田聖人, 斎藤俊介, 柏原史陽, 西島隆成, 谷田成吾

JX-ENEOSは2016年の入部者を発表した。選手の紹介とチーム戦力を分析する。

JX-ENEOSの2016年入部選手のプロフィールと紹介

守備 名前 出身 特徴 短評
投手 内田聖人 早稲田大 178cm79kg 右右 直球で空振りを奪える148キロの回転の良い伸びる球、リリーフで活躍
柏原史陽 同志社大 174cm75kg 右右 149キロ速球で下級生に活躍も4年に入り調子落としていた
斎藤俊介 立教大 176cm78kg 右右 147キロのキレの良い速球で2年時にエース格だった。故障もあったが11勝14敗
西島隆成 筑波大 178cm80kg 左左 146キロ投げる左腕、バランスよくさらに成長期待
鈴木健矢 木更津総合 176cm64kg 右左 サイロスローからインコースに突き刺さるキレある速球投げる
捕手 猪又弘樹 青山学院大 178cm82kg 右右 大学で主将を務める、巧みな打撃もあり
内野手 青野悟 明治大 181cm80kg 右右 東京六大学では4年間で23試合、安打も9本だが大型サードとして期待
若林晃弘 法政大 181cm74kg 右両 大学3年秋に規定打席到達し、4年春は打率.390記録の巧打の内野手
外野手 塩見泰隆 帝京大 179cm74kg 右右 50m5.9秒の俊足で広いセンターの守備範囲誇る、打撃技術もある
谷田成吾 慶応義塾大 183cm90kg 右左 高校時70本超し、東京六大学でも15本塁打のスラッガー
百瀬雅也 松商学園 168cm69kg 右左 50m5.8秒の抜群の俊足で2年秋12試合14盗塁

 

投手は名門大学のエース格をそろえ、さらに将来が楽しみな西島投手、鈴木投手を獲得した。これまでも好投手を獲得しているものの、最近はプロ入りする投手が少なく、停滞している印象もある。競争激化によってそれを下から突き上げるような存在となりそうだ。

野手は谷田成吾選手が注目度が高いものの、猪又選手、青野選手、若林選手といった渋い所を獲得、外野手は塩見選手、百瀬選手と足が速く守備範囲の広い選手をそろえた。谷田選手が軸となり、周りを固めていくような選手の獲得といえるが、2年後3年後にはどういう打線になっているのか注目したい。

JX-ENEOSのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年大学生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP