ホンダ鈴鹿・畔上翔選手、社会人を代表する選手に

ホンダ鈴鹿, 畔上翔

昨年のドラフト会議で指名漏れとなった法大の畔上翔選手は、今年からホンダ鈴鹿でプレーする。ドラフト会議については「今でも悔しい」と話し、「社会人を代表する選手に近づきたい」と話した。

ドラフト指名漏れ

昨年のドラフト会議では、日大三から明治大に進んだ高山俊選手がドラフト1位で指名重複し、慶大に進んだ横尾俊建選手も北海道日本ハムから指名された。二人はキャンプでも高山選手は故障の影響があったものの1軍に昇格し、横尾選手も1軍に昇格して昨日はホームランを放っている。日大三時代にエースの吉永健太朗投手(早大-JR東日本)とともに注目された選手の中で、二人はプロで羽ばたこうとしている。

その姿をどのように感じているのかわからないが、ドラフト会議で指名を待ったものの名前が呼ばれなかった畔上選手は、ホンダ鈴鹿でプレーすることを決めた。ドラフトについて畔上選手は「今でも悔しい。今後も忘れることはないと思う」と話す。

社会人で

そして今の段階でのプロへの想いについては「最終的に目指せればいいが、今はホンダ鈴鹿の一員、ここでやるべきことを考える」と話し、「都市対抗と日本選手権に出られるように。個人的には社会人を代表する選手に近づきたい」と話した。

練習の取り組み方や試合での姿勢など、常に真面目に前向きに取り組んでおり、日大三でも法政大でも主将としてリーダーシップを発揮してきた畔上選手、プロ入りに向けて今年から結果を見せてほしいが、まずは自分のアピールポイントを見つけてほしい。長打なのか打点なのか打率なのか。足や肩で目立てるタイプではないので、打撃を磨くのは間違いないが、その中のどの部分がプロでできるという自信を持てるかだろう。

Honda鈴鹿のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

2015年大学生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

畔上、ホンダ鈴鹿で腕磨く 中日スポーツ紙面 2016/2/25

 


PAGE TOP