JR東日本・田嶋大樹投手が10安打許すも14奪三振で完投

JR東日本, 田嶋大樹

田嶋大樹投手が順調な成長を見せている。この日開幕した社会人野球スポニチ大会、JR東日本vsジェイプロジェクトの試合で、来年のドラフトの目玉候補・田嶋大樹投手が先発した。

悪いながらも

この日の田嶋大樹投手は「コントロールの精度が悪かった」と話し、四死球こそ3つだったが10本のヒットを浴びるピッチングとなった。それでもストレートは8回に147キロを記録、力のある速球にタイミングを外すスライダーを織り交ぜ、9回まで14奪三振を奪った。

9回には3連打で1失点し3-2と1点差に追い詰められてなおも1アウト満塁の大ピンチを背負ったが、続く打者をショートゴロの併殺に打ち取りギリギリのところで踏みとどまった。「ピンチを何度も切り抜けて、悪いながらにしっかり投げられた」と話し、納得のいく投球ではなかったかもしれないが、堂々としていた。

順調に成長

2年前の今の季節は、センバツに出場する佐野日大のエースとして注目されていた。そしてそのセンバツではベスト4に入る活躍を見せ、ドラフト会議でも上位指名が予想されていた。しかし、センバツで肘などの疲労がたまり、春から夏にかけては状態が良くなく、またプロですぐに活躍するためにはまだ足りないと、3年間でプロ入りできる社会人野球を選択した。

「昨年は5回以降に球が浮いて打たれたけど、今年は完投できる体力がついた」と、年々成長を見せている。速い球を投げる左腕、ではなく、先発して完投勝利を挙げられる左腕に成長した。

148キロを投げる勝てる先発左腕投手という事で、来年のドラフト会議では1位候補として注目されるのは間違いなさそうだ。

社会人野球スポニチ大会対戦カードと注目選手一覧

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

「昨年は5回以降に球が浮いて打たれたけど、今年は完投できる体力がついた」。8回に自己最速にあと1キロと迫る147キロをマーク。144球の力投で打者をねじ伏せた。

直球とスライダーを軸に奪三振ショーを演じた。冬場は「高校時代の倍は走った」と苦手な走り込みでスタミナを強化し、終盤の8回にこの日最速の147キロを計測。144球の熱投で毎回の14三振を奪い、「そんなに三振取ったんですか?」と目を丸くして喜んだ。


PAGE TOP