JR東日本・進藤拓也投手が151キロ記録

JR東日本, 進藤拓也

社会人野球の関東選抜リーグではJR東日本の進藤拓也投手が登板し、最速151キロを記録する速球を見せた。まだ気が早いが、都市対抗での投球に期待が高まる。

課題はコントロールも

JR東日本の進藤拓也投手は184cmの身長があり、最速で153キロを記録する。しかしとにかくコントロールが課題で、ストレートは大体高めに浮き、狙ったところにはいかない事が多い。上半身と下半身の動きというかタイミングがバラバラのように見える。ただしストレートの威力で言えば、社会人ではNO.1で、大学を含めても田中正義投手と互角と言ってもよいと思う。

この日の新日鉄住金かずさマジック戦で先発を任されると、常時145キロを超す速球を披露し最速は151キロを記録するなど圧巻の球威を見せた。課題のコントロールは相変わらずで4回に1点、6回に1点を失い敗戦投手となったものの、直球はけた違いだった。

昨年の都市対抗では、1回を投げて四球でランナーを出したものの、圧巻の球威を見せていた。今年はさらに長いイニングでこの投球を見せれば、社会人選手ではあるが将来性を見て、3位前後で指名する球団が出てきそうだ。スカウトがロマンを感じる選手だろう。

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

JR東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP