社会人野球関東選抜リーグ、ドラフト候補のそろう東京ガスが勝利

宮谷陽介, 小野田俊介, 東京ガス

社会人野球関東選抜リーグ戦では、東京ガスが新日鐵住金鹿島に6-1で勝利した。今年の東京ガスはドラフト1位候補の山岡泰輔投手を中心にプロが注目する選手がそろう。

宮谷陽介投手

この日先発をしたのは左腕の宮谷陽介投手。170cm台前半の身長で球速も最速で143キロだと思われるが、インコースに切れの良い球を投げることができ、タイプ的には今永昇太投手や成瀬投手のような感じの投手。

先日のJABA四国大会決勝ではJX-ENEOSを4安打に抑えて完封するなど実力のある左腕投手。この日も先発して7回まで投げ1失点に抑える好投を見せた。また8回からは5年目になる難波剛太投手が登板し2回を無失点に抑えた。

しかし東京ガスでは、今年のドラフト1位候補・山岡泰輔投手に、ルーキーで昨年もプロから注目された石田光宏投手の実力が高く、宮谷投手や難波投手も3番手以降に回ってしまう。先発が山岡投手でないとファンもスカウトもがっかりするような雰囲気も流れるが、多くのスカウトが来ている中で、その中でしっかりとした結果を残してプロ入りをしてほしい。

小野田俊介選手

またこの日は小野田俊介選手がレフトに特大のホームランを放った。小野田選手は早稲田大時代に4年間で13本塁打を記録したスラッガーで、3年春には打率.452に3本塁打を記録している。右の大砲候補で打率も残せる選手として期待される。長打の打てる右の外野手としてプロも注目をしている。

東京ガスではこの日も3番ショートで出場し、投打に高い評価を受ける中山悠輝選手もいる。

山岡投手の注目度の高さから試合でも練習でもスカウトが多く足を運んでいるとみられ、こういう年はチームの他の選手もそろってドラフトで指名されるケースが多い。

今年は東京ガスから数人がが指名という事になるか、注目したい。

2016年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

東京ガスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP