日本生命・小林慶祐投手を6球団視察、阪神スカウト「もっと良くなる」

小林慶祐, 日本生命

JABA京都大会は決勝トーナメントが行われ、日本生命は三菱重工広島に7回コールド0-7で敗れた。今年のドラフト候補・小林慶祐投手は2番手で登板したが、3回1/3で3失点した。

147キロ計測

小林慶祐投手はこの日は2番手で登板すると、3回1/3を投げて3失点、「自分が勢いを止められなかった」と話し、「かわしにいってしまった。もうちょっと真っすぐで押せればよかった」と反省を口にしていた。

しかし球速は147キロを記録し、フォークボールでカウントを稼ぐ投球に、阪神の熊野スカウトは「タイプ的に言えば広島の永川。フォークでカウントも空振りもとれる。直球のばらつきがなくなればもっと良くなる」と話し、持っている素質を評価した。

小林投手は185cmから最速148キロの速球とフォークボールが武器で、東京情報大時代から10球団前後のスカウトが注目をしていた。社会人では実績はまだまだ、投球内容でもまだまだ成長しなければならない選手だが、プロ入りして成長を期待したい投手でもある。

まずはチームの勝利に貢献できるように、チームの信頼を得ることが重要になる。

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

日本生命のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

見守った阪神・熊野スカウトは「タイプ的に言えば広島の永川。フォークでカウントも空振りも取れる。直球のバラツキが無くなればもっと良くなる」と評した。


PAGE TOP