日本通運・渡辺圭投手が6球団スカウトの前で完封、都市対抗本選出場

日本通運, 渡辺圭

都市対抗南関東予選は日本通運が新日鐵住金かずさマジックに2-0で勝利し第1代表で都市対抗本選出場を決めた。3年目になる渡辺圭投手が3安打完封勝利で決めた。

6球団スカウト視察

渡辺圭投手は東海大甲府から東海大を経て日本通運に進んだ。高校時代、大学時代とエースとして活躍しプロも注目していた。日本通運に入社してからも1年目のキャンプから阪神のスカウトが注目していたが、チームでは安定して活躍することができず、エースとはなっていなかった。

しかしこの日は大切な第1代表決定戦で先発を任されると、ストレートにフォーク、スライダーなどを織り交ぜ、すべての球をコントロールできており、9回を投げ切って3安打に抑えて完封した。渡辺投手は「5回でつぶれてもいいと思って腕を振った」と話した。

この日もプロ6球団のスカウトが視察した。ほかにもHondaやJFE東日本、そしてかずさマジックなども出場しており渡辺投手だけの視察ではないが、この日、最もアピールした選手だったのは間違いない。

都市対抗本選でもこの投球を続けることができれば、ドラフト候補として名前が挙がってくる。大学卒3年目の都市対抗は勝負の大会となりそうだ。

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-関東地区のドラフト候補リスト

「5回まででつぶれてもいいと思って腕を振った。ホッとした」と安ど。プロ6球団のスカウトが視察する中、直球にフォーク、スライダーを交え、制球の良さが光った。


PAGE TOP