日本生命が敗戦も小林慶祐投手が4回2/3で2安打7奪三振好投

大野亨輔, 小林慶祐, 清水翔太, 鈴木健矢, 齋藤俊介

都市対抗の開幕戦、昨年優勝の日本生命と三菱日立パワーシステムズ横浜の試合、日本生命は先発の清水翔太投手が不調で4失点、三菱日立は大野亨輔投手が先発し8回途中を5安打無失点に抑えて4-0で勝利した。

日本生命初戦敗退

先発した清水翔太投手は直球の球速が130キロ台前半と調子が悪く、カーブなどで3回まで1失点に抑えたものの4回に1点を失いランナーを残して降板した。

リリーフしたのは148キロ右腕の小林慶祐投手だったが、この三振で2アウトにしたものの四球で2アウト満塁としたあとにタイムリー2ベースヒット打たれた。その後、小林投手は185cmから投げ下ろす140キロ前半~後半の速球とフォークボールで好投し、8回までの4回2/3を投げて2安打7奪三振と好投を見せた。

清水投手は昨年優勝の立役者で今年のドラフト候補だが、悔しいピッチングとなった。しかし昨年の実績が十分あり、秋の復活次第では左腕投手という事もあり指名があるかもしれない。また小林投手はまだ高めに球が集まり、球速もばらつきがあるものの、185cmからの速球派やはり魅力がある。二人ともドラフト候補として注目される。

三菱日立パワーシステムズ横浜が好調

三菱日立パワーシステムズ横浜は、JX-ENEOSや東芝西関東予選を1位で突破し、本選でも昨年優勝に日本生命に勝利した。専大のエースとして活躍していたルーキーの大野亨輔投手が7回1/3を投げて5安打5奪三振無失点と好投、球速は130キロ前半ながらコンパクトな腕の振りから伸びのある球を低めに集めた。

また2番手でJX-ENEOSからの補強選手で木更津総合卒1年目の鈴木健矢投手が右サイドからの度胸満点のピッチングでピンチを無失点に抑えると、同じくJX-ENEOSからの補強で立教大のエースとして活躍した齋藤俊介投手が140キロ後半の速球と変化球をコーナーギリギリに決め1回ノーヒット2奪三振で締めた。

149キロを記録した斉藤投手はプロでも十分活躍できる投球を見せていた。また鈴木投手も変則投手としてプロと度胸満点でプロで活躍する姿が見える。

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

都市対抗野球(2016)の出場チームと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

「緊張は全然しなかった。走者を出しても気にしない。逆に燃えるんです」。4回は失策で、5~8回は4イニング連続で先頭打者に安打を許した。それでもホームは踏ませない。最速141キロの直球にチェンジアップ、カットボール…。相手が前回王者でも「同じ社会人。力の差はない」と自らに言い聞かせた。マウンド上では「表情に出ると弱いところを突かれる」と、淡々と投げ続けた。8回1死二塁で降板も、5安打無失点の快投。鈴木―斎藤のリレーで逃げ切ると、ベンチでようやく笑顔を見せた。

PS横浜の新人右腕、大野が前回大会と日本選手権で王者となった日本生命を八回途中まで5安打無失点に抑え、大会初勝利を挙げた。昨春の東都大学リーグで最優秀投手となり、専大を26年ぶりの優勝に導いた右腕はストレートを中心とした投球で、新人とは思えない貫禄を見せた。


PAGE TOP