森原康平投手が151キロ、都市対抗野球3日目

山本健太郎, 森原康平, 田嶋大樹, 近藤均

都市対抗野球は3日目3試合が行われ、日本新薬、ホンダ鈴鹿、王子が勝利した。日本新薬に補強されている新日鐵住金広畑の森原康平投手が151キロで1回ノーヒット2三振の圧巻の投球を見せた。

常時145キロ以上

森原康平投手は183cmの右腕で大学時代は近大工学部でプレーし、新日鐵住金広畑で3年目となる。社会人で急成長を見せると148キロを記録するまでになり、今大会は補強選手で日本新薬から出場をした。

この日は5-2とリードした9回にマウンドに上がると、最速は151キロを記録。常時145キロ、150キロ前後の速球を楽に投げ、3人から2つ三振を奪い無失点に抑えた。ボールがまだ高めに行くものの、プロ入りすれば楽しみな存在となりそうだ。

Honda鈴鹿にも補強のリリーフ投手

またHonda鈴鹿も、東海理化から補強された山本健太郎投手が9回にマウンドに上ると躍動感あるフォームから145キロの速球と大きく曲がるスライダーで、1回ノーヒット2奪三振で無失点に抑えた。

山本投手は星城大から東海理化入りし4年目となる。しかし昨年あたりから急成長を見せ、146キロの速球を投げている。オリックス入りした東明大貴投手のような活きの良い投球が持ち味で、イケメンでもあり注目される。

JR東日本姿消す

この日の第3試合は社会人の強豪・JR東日本と、昨年にベスト4に進出した王子が対戦した。王子は昨年大活躍を見せたエースの近藤均投手が先発すると、JR東日本の強力打線を延長10回まで5安打8奪三振に抑える見事な投球を見せ、10回裏にサヨナラ2ランホームランで勝利した。

JR東日本は153キロを投げる進藤拓也投手などが注目されたが、来年のドラフト候補・田嶋大樹投手が先発した。田嶋投手は6つの四球を与えるなど調子は良くなかったが、148キロの速球などでこちらも9回まで無失点に抑えた。しかし10回に2ランホームランを浴びた。

進藤投手の投球が見られなかったのが非常に残念だった。

都市対抗野球第3日目の対戦カードと注目選手

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

JR東日本は延長十回無死一塁、エース左腕の田嶋が加藤にサヨナラ2ランを浴びた。グラブをはめた右前腕部がつったため、治療を受けた直後に四球。その後の初球を狙われ「外角低めを狙ったのが高くいった。打たれたのはしようがない。やりきったと思った」と淡々。


PAGE TOP