NTT東日本に補強のセガサミー・森脇亮介投手が152キロ記録

森脇亮介, 玉井大翔

都市対抗野球ではNTT東日本vs四国銀行の試合で、セガサミーからNTT東日本の補強されている森脇亮介投手が152キロを記録した。

1失点も

森脇亮介投手は塔南高校から日本大に進み、セガサミーでプレーする。173cmと大きくないもののこれまで150キロを記録していた。今年の都市対抗はNTT東日本の補強選手として出場すると、この日は11-2と点差の開いた9回に5番手として登板し、152キロを記録した。

しかし森脇投手は四球に2本のヒットで1失点、2つの三振を奪ったもののまだ課題も見せた。社会人屈指の速球派投手がどのように成長していくのか注目したい。

 

またこの日はJR北海道が新日鐵住金鹿島に2-1で勝利、JR西日本が新日鐵住金かずさマジックに勝利し、JRが新日鐵住金に2連勝した。

かずさマジックはドラフト候補の玉井大翔投手が先発し最速146キロを記録したものの、制球に苦しみ2回2/3で2安打2四死球で降板した。注目をされているものの今年は今一つ調子が良くない。都市対抗も初戦で敗れ、今後の進路にも注目される。

都市対抗野球第4日目の対戦カードと注目選手


PAGE TOP