大阪ガス・酒居知史投手は敗戦も手ごたえ、パナソニック・北出浩喜投手、東芝補強の柏原史陽投手も速球見せる

北出浩喜, 柏原史陽, 酒居知史

都市対抗野球は5日目、昨年準優勝の大阪ガスが西濃運輸に初戦敗退、またパナソニックも初出場のきらやか銀行に敗れた。東芝もJR九州に完封された。その中で注目投手たちが力を見せた。

酒居知史投手

大阪ガスの酒居知史投手は今年の初めごろには、社会人のドラフト候補として東京ガスの山岡泰輔投手と並んで評価されるドラフト1位候補だった。しかしフォーム改造の影響や体の痛みなどもあったようで今年は春から不調が続いた。

この日も球速は144キロ、フォームも少々コンパクトになった感じがあるが、安定した下半身がありぶれない投球を見せた。140キロの速球で真ん中高めでも空振りを奪え、同じ腕の振りからやや小さく曲がるスライダーや沈むボールなどを投げた。5回2安打4奪三振3四死球で無失点、チームは初戦で敗退したが、「自分の中ではモヤモヤしていた部分があったが、後半によくなった。日本選手権に向けて役割を果たしたい」と意気込みを見せた。

速球派投手

パナソニックの154キロ右腕・北出浩喜投手はこの日は3番手で登板した。球速は149キロまで記録したが全体的に球が高く、ファールされた。それでもやはり力があり前になかなか飛ばせないものがあった。3回2/3を投げて3安打3奪三振3四死球、最後は力尽きたものの素晴らしい投手だと思う。

また東芝に補強されたJX-ENEOSの柏原史陽投手は、ギッタンバッコンするフォームだが、そこから投げられる速球は高めに伸びていく速球で、どうしてもバットが止まらず空振りを奪う球だった。最速は150キロを記録したが、140キロ前半でも打てない球だった。来年のドラフト候補として注目される。

都市対抗野球第5日目の対戦カードと注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP