東京ガスが日本新薬に逆転勝利、都市対抗ベスト4そろう

森原康平, 石田光宏, 西川大地

都市対抗野球は準々決勝3試合が行われ、東京ガス、西濃運輸、日立製作所が準決勝に進出した。東京ガスは日本新薬に終盤にホームランで逆転した。関西学生リーグで投げ合った二人の投球もあった。

東京ガス逆転勝利

今年の日本新薬はスポニチ杯で優勝し全国制覇を狙える強力なチームだった。その日本新薬は6回まで3-0と東京ガスにリードして終盤を迎え、新日鐵住金広畑から補強の森原康平選手が、1回戦よりもやや球威が落ちており、高めの速球を痛打されて逆転を許した。

なお、この試合では日本新薬は先発に昨年まで立命館大の2番手として活躍をした西川大地投手が登板、6回1/3を6安打6奪三振2失点と好投した。また東京ガスは関西大で大エースとして活躍した石田光宏投手が6回から登板し3回を投げて2安打3奪三振3四死球で2失点、関西学生リーグ出身のルーキーが社会人でもライバルとして投げ合った。

西川投手はテイクバックの小さなフォームだが伸びる速球は魅力だが、もっと勢いのある部分を見せて投げっぷりでも勝負をしてほしい。石田投手は1回戦で150キロを記録、この日は制球が定まらなかったが、来年はドラフト1位を狙って2年間気持ちを入れ続けてほしい。

ベスト4決定

都市対抗野球は東京ガスの他、日立製作所、西濃運輸が勝ち進み、トヨタ自動車と共にベスト4進出。準決勝、そして決勝の戦いとなる。

日本新薬のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東京ガスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

都市対抗野球(2016)の出場チームと注目選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page


PAGE TOP