社会人野球代表、田嶋大樹投手が6回ノーヒット8奪三振快投、来年のドラフト1位候補

田嶋大樹

社会人野球日本代表は千葉ロッテの2軍と練習試合を行い、来年のドラフト1位候補左腕・田嶋大樹投手が先発すると、6回をノーヒット8奪三振で無失点に抑える投球を見せた。

6回ノーヒットも6四死球

先発した田嶋大樹投手はこの日は最速149キロを記録、力のある速球で千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・平沢大河選手も2三振に倒れた。6回を投げてノーヒットに抑え8つの三振を奪う快投だったが、四死球も6つ許し「久しぶりにプロと対戦して力みがあった」と反省した。

試合は5-0で社会人代表が勝利、今年のドラフト1位候補・山岡泰輔投手は登板しなかった。

社会人代表は8月12日よりカナダで行われるワールドベースボールチャレンジに出場する。

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

田嶋6回0封、千葉ロッテ・平沢から2K スポーツ報知紙面 2016/8/9

 


PAGE TOP