2016年社会人日本代表メンバー、ワールドベースボールチャレンジ出場

8月12日から20日まで、カナダで行われるワールドベースボールチャレンジに出場する、社会人日本代表のメンバーを紹介します。

2016年ワールドベースボールチャレンジ出場、社会人日本代表


選手 所属 出身 特徴 短評 評価

山岡泰輔 東京ガス 瀬戸内高 172cm68kg 右左 150km/h越す速球
高校時から注目の右腕はエースに
特A
片山純一 JR東日本 亜細亜大 179cm79kg 左左 社会人8年目、140km/h後半の速球
佐竹功年 トヨタ自動車 早稲田大 169cm72kg 右右 トヨタ自動車一筋のベテラン
田嶋大樹 JR東日本 佐野日大高 180cm78kg 左左 高校時もドラフト上位候補
140km/h後半速球とスライダー
特A
近藤均 王子製紙 関西大 177cm80kg 右右 都市対抗で抜群の安定感
140km/h前半のコントロール○
B
渡邉啓太 NTT東日本 神奈川工科大 174cm67kg 右右 145キロのキレの良い速球でプロ2軍
相手に好投も見せる
B+
土肥星也 大阪ガス 尽誠学園 184cm75kg 左左 最速147キロの速球投げる左腕
キレの良い速球にプロ注目
B+
鮫島優樹 三菱重工広島 MSH医療専門 178cm75kg 左右 社会人トップクラスのピッチング
続けるも6年目となりベテランの域
B

土門愛大 かずさマジック 北照高 178cm83kg 右右 高校卒1年目で4番を打つなど
打撃と守備で期待高い選手
B-
國本剛志 三菱重工広島 近畿大 181cm89kg 右右 大型で強肩の捕手、5年目 B
大城卓三 NTT西日本 東海大 187cm86kg 右右 大卒2年目、抜群の打撃センス
大型捕手として魅力十分
B+


渡邉貴美男 JX-ENEOS 国学大 164cm70kg 右左 大学時から声でチームを引っ張る B
丸子達也 東京ガス 早稲田大 186cm87kg 左左 大学4年時に急成長、長打力魅力 B+
多幡雄一 Honda 立教大 172cm78kg 右右 社会人9年目のベテラン
原田拓実 日本生命 立正大 185cm82kg 右左 天理高、立正大でプレー、大型選手
だが器用な守備も
C
田中俊太 日立製作所 東海大 177cm75kg 右左 田中広輔選手の弟
抜群の守備と巧打見せる
B-
中山悠輝 東京ガス PL学園 183cm77kg 右右 PL学園でプロ注目、社会人でも
2年目からレギュラー、素質◎
B
長谷川拓真 JR東日本 国際武道大 178cm78kg 右右 セカンドを守り長打も対応力もある
打席センスを見せる
B+
田中健 かずさマジック 日本大 170cm74kg 右右 社会人5年目の遊撃手、俊敏なプレー B-
源田壮亮 トヨタ自動車 愛知学院大 176cm74kg 右左 大学4年時にプロ注目
攻守と抜群の足
B+
北村祥治 トヨタ自動車 亜細亜大 177cm70kg 右右 星稜高時よりプロ注目
大学では2番としてチームに貢献
B+


菅野剛士 日立製作所 明治大 171cm75kg 右左 大学4年時に2塁打の記録作る B+
林稔幸 富士重工 立正大 180cm78kg 右右 ベテランの主砲、経験からの読み
谷田成吾 JX-ENEOS 慶応大 183cm86kg 右左 高校時代70本越え
東京六大学でも4年秋に5本塁打
A

PAGE TOP