ホンダ1年目の永野将司投手が153キロ、来年のドラフトは社会人リリーフ投手に注目

善武士, 森脇亮介, 永野将司, 西村天裕, 谷岡竜平, 高橋史典

社会人野球は日本選手権の予選が戦われている。関東地区では、東芝がホンダに5-3で勝利、富士重工がセガサミーに4-3で勝利して出場を決めた。また、NTT東日本も出場に王手をかけた。

永野将司投手が153キロ

東芝vsHondaでは東芝は今年のドラフト上位候補にも名前が挙がる谷岡竜平投手が先発すると、147キロを記録したもののHonda打線の粘りで、初回に1失点、6回には2失点、6回1/3を投げて6安打1四死球3失点という内容だった。7回途中から登板した来年のドラフト候補・善武士投手が146キロの速球で2回2/3をノーヒットで無失点に抑えると、味方打線は7回裏に逆転し5-3で勝利して日本選手権出場を決めた。

Hondaは8回1アウト3塁のピンチで登板した九州国際大出身の1年目・永野将司投手が登板すると150キロを連発、ストレートはすべて150キロ以上で152キロを2回、そして最速153キロを記録し2/3回を抑えた。

永野投手は九州国際大出身で181cmの左腕投手、大学時代は145キロの速球を投げ、50m6.2秒の足など身体能力の高い投手として期待されていた。しかし実績を積むことはできず、2015年に大学を卒業したあと1年間は進路不明、今年Hondaに入っていた。左からこれだけの球速を記録し、来年は非常に注目されるのではないかと思う。

150キロリリーフ続々

また富士重工vsセガサミーは富士重工が4-3で勝利し日本選手権出場を決めた。6回途中から登板した1年目、立正大出身の高橋史典投手が最速146キロの速球で3回2/3を2安打1失点に抑えた。181cmの右腕投手で来年はエースとしての活躍が期待される。

セガサミーは今年のドラフト候補でもある152キロ右腕・森脇亮介投手が5回途中から登板し147キロを記録したものの、3回を投げて8安打を許した。何とか粘りを見せ自責点1だったが、スカウトに大きくアピールとはいかなかった。

またNTT東日本は明治安田生命に5-0で勝利した。9回から登板した来年のドラフト候補・西村天裕投手は154キロを記録、1安打1四球と安定感にはやや欠けたものの、球速は十分だった。

来年はHondaの永野投手、NTT東日本の西村投手、東芝の善投手、そしてヤマハの154キロリリーフ・鈴木博志投手と、社会人リリーフ投手に注目が集まりそうだ。

2017年度-社会人のドラフト候補リスト

2017年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-社会人投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP