東芝・谷岡竜平投手が5回5失点、横浜DeNA1軍と練習試合

東芝, 谷岡竜平, 金子聖史

CSに出場する横浜DeNAと東芝が練習試合を行い、150キロ右腕の東芝・谷岡竜平投手が先発したが、5回6安打5失点とプロの洗礼を浴びた。

146キロ直球が

東芝の谷岡竜平投手は180cmの右腕で150キロの速球を投げ、今年のドラフト候補として中日などが注目をしている。その谷岡投手が横浜DeNA1軍との練習試合に先発すると、フォークボールなどは良かったが最速146キロを記録したストレートを捉えられ、5回6安打5失点1奪三振と苦しいピッチングとなった。

谷岡投手は対戦後、「すごいですね。すごかったです」とプロ1軍の打者との対戦の感想を話した。しかし「プロが相手で意識して力んだのはあった。持ち味が出せなかった」と反省を口にし、「調子が悪い中でも勝たなきゃいけない。今後の収穫にできたら」と来年は同じ舞台にいるかもしれない中で、思いを込めた。

この日は阪神北海道日本ハムなど7球団のスカウトが訪れ、北海道日本ハムの山田スカウト顧問は「低めの制球がいい。実践的な投手」と評価した。

試合は横浜DeNAの三嶋一輝投手など投手陣が9失点し、9-5で東芝が勝利した。金子聖史選手がホームランを放った。

東芝のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

直球捉えられ谷岡5失点・・・ デイリースポーツ紙面 2016/10/6

PAGE TOP