社会人野球日本選手権第4日目の対戦カードと注目選手

社会人野球日本選手権第4日目の対戦カードと注目選手をまとめました。

第1試合

鷺宮製作所
安達大貴1年
182cm85kg 右右
  181cmの長身から146kmのストレートを投げる本格派投手で2年生の時に活躍をみせた。 3年生となり注目されたが、肩を痛めて制球を乱し敗退した。 ストレートとスライダーを軸に決め球のカーブと B+
山原泰士1年
178cm84kg 右右
  PL学園出身の内野手で、大学では3年生で大学野球選手権に出場し、8番ショートで出場すると、初戦の西日本工大戦と準決勝の愛知学院大戦でホームランを放った。 B+
齋藤英輔3年
178cm76kg 右両
  腰を低くしタメを作ってのストレートは力があり、シュート系の球で右打者のインコースを突くピッチングを見せる。  大学ではスライダーに磨きがかかり、リリーフで登板した時は150km近いストレートとスライ A
中山俊2年
176cm75kg 右右
  リーダーシップを感じさせる雰囲気のある選手で抜群の脚力とフットワークの良い内野守備の持ち主 駒沢苫小牧高校・東日本国際大学で主将を任される。南東北大学リーグでは3年春・4年春に盗塁王、4年春は優 A
永田恭一3年
178cm77kg 右右
  投げても145km/hを記録する遠投120mの強肩と俊足で、2011年日米野球の代表候補に選出された。  大学3年時は春に打率.429で首位打者、秋も.382とハイアベレージを残したが、東北学院大に B+
森崎高文5年
180cm67kg 右右
  148kmの速球派投手だが、4年生となった2011年に春以降は緩急を織り交ぜたピッチングを見せている。  秋季リーグ戦ではスライダーを打たせて取るピッチングでノーヒットノーランを達成した。 岐 B+
渡辺政孝2年
178cm85kg 右右
  九州学院出身の右腕、安定した下半身から余裕のあるフォームで速球を投げ込む。巨人菅野智之投手に近い感じ。 B+
吉濱雅斗3年
179cm79kg 右右
  強打の内野手。 高校時代は現在広島の中村の前を打ちチームに貢献。 横浜商大時は平成24年時の春のリーグ戦でベストナイン B
西村純季2年
180cm72kg 右右
  兄の優希選手はストレートは140kmを超えスライダーもキレのある球を投げていたが、純季投手はストレートは130km中盤くらい、しかしスライダーはキレがあり三振を奪えている。  まだプロ入りクラスの C
野口亮太2年
163cm57kg 左左
  2年生となった2009年の春の選抜大会、1回戦の南陽工戦に先発、三振7つを奪うものの8安打を浴びて3-4で敗戦した。春季大会でも関東大会に出場するものの、1回戦の横浜商大戦では0-1で敗戦している。 C
東邦ガス
田中空良2年
176cm74kg 右左
  140km/h台のストレート、スライダー、カーブ、SFFを制球力良く投げ分けるタフネス右腕 3年春のセンバツ大会初戦の日本文理戦で最速145km/hを記録、2種類のスライダーで延長13回で12奪三振 A
浅野文哉1年
183cm71kg 左左
  ストレートは135kmだが184cmからのストレートは角度があり、スライダーのキレはいい時は高校でもトップクラスの球。  左手のケガで伸び悩んだが、状態も回復している。  好不調の波を抑えて安 C
蒔野健太4年
176cm80kg 左左
  関西学院大出身の左腕。2015年の都市対抗野球で三菱重工名古屋の補強選手に選出。 B-
山田貴大3年
182cm80kg 右右
  140km/h前半のストレートとスライダーが武器。  中京大中京出身で2009年夏の甲子園優勝時は、堂林翔太投手(2009年広島2位)、森本隼平投手(法政大)に続く3番手投手としてベンチ入りし、 C

 

第2試合

新日鐵住金広畑
市原脩平1年
168cm67kg 右左
  50メートル5秒後半で駆け抜ける中国地区屈指のスピードスター。広角に打てるミートセンス、ダッシュ力を生かした守備ワークも◎だ。関西で1年夏からスタメン出場するなど、期待の選手だ。2年春は遊撃手を守るが B+
宮田康喜2年
177cm70kg 右右
  しなりがあり力強い腕のふりから威力がある球を投げる力があるピッチャー 小学校1年で野球を始め、飾磨中央中学校時代は兵庫飾磨クラブで硬式野球でプレーし、2年生から投手となった。 B+
尾嶋佳太1年
178cm82kg 右右
  max140㎞越の右腕。 ピンチに強く打たせてとるピッチングスタイルが持ち味。 B
谷村真1年
183cm92kg 右右
  北大津高校2年秋に地肩の強さを買われ捕手にコンバート! バッティングは下半身をやわらかく使い鋭いライナーを放つ!パワーがあり打球の伸びがある! B
永井友基4年
170cm70kg 右右
  体にバネがあり身体能力が高く長打が打てる走攻守三拍子揃っている遊撃手 B+
飯田遼2年
178cm75kg 右右
  鋭いスイングと俊足で安打を量産するヒットメーカー 大学2年のときに出場した大学戦手権ではベスト8まで進出、サードとして出場しvs早稲田大学でレフト線へ痛烈な2塁打を放った 大学3年春は B
森原康平2年
183cm83kg 右左
楽天ドラフト5位
  大型右腕、ストレートは130km/h台だが重そうな球で、120km/h台のチェンジアップでタイミングを外す。 高校時に138km/h記録、大学4年春に防御率1.37で最優秀投手に選ばれ、秋の明治 B
諸岡悠歩3年
175cm70kg 右右
  1年生からショートのレギュラーとなり、これまで連続で盗塁王を獲得するリードオフマン。 3年生になり一発を放つようになり、3番打者として活躍。 地肩があり、ハンドリングの柔らかさを生かしダイナミック C
Honda鈴鹿
柘植世那1年
176cm78kg 右右
  地肩が強くスイングに力強さがあるセンス抜群で強肩強打のキャッチャー B+
佐藤雄偉知2年
191cm90kg 右右
  191cmの長身から1年時に144kmを記録し、現在は146km/hを記録する角度のあるストレートを投げる。  しかし3年になってエース番号を付けることができず、春季関東大会では8回7失点など結果を A
畔上翔1年
178cm82kg 左左
  リストが柔らかくバットコントロールが素晴らしい選手で、特にレフト方向への流し打ちも強い打球で返すこともできるし、柔らかく外野の前に落とすこともできる。ボールを確実に捉える事ができる。 練習の姿勢も素 B+
石井元1年
181cm78kg 右右
  3番の山田と勝負させるために4番を打つ2年生。長打力は山田選手以上といわれ、プロスカウトも1年時から注目している。高校通算12本だがスカウトもT山田より飛距離が出る、とコメントしている。  また B+
片山雄貴1年
177cm74kg 右右
  福岡工大城東出身。安定感のある体と素晴らしい腕の振りから、キレの良いストレートを投げる。  大学2年で公式戦8試合目にして初勝利を挙げ、球速も143km/hを記録した。 高い素質を持っている。 B+
金沢一希1年
178cm73kg 左左
  フォームはリリースポイントが打者に近く、130km台のストレートでも空振りを奪える投手。ストレートは144kmをマークし、キレの良いスライダーで三振を奪える。1試合の奪三振数が多く二桁奪三振は当たり前 B+
山足達也1年
174cm74kg 右右
  大阪桐蔭出身でショートを守り、リードオフマンとしても活躍を見せた。 大学でも遊撃手として活躍している。  3年時に大学日本代表合宿メンバーに選出された。 B+
田中彪1年
185cm80kg 左左
  俊足巧打の外野手。高校通算31発のパンチ力も併せ持つ。 B
浦嶌颯太3年
182cm83kg 右右
  1年生ながら182cm83kgという大きな体から、4月にいきなり142kmをマークした。 既にプロスカウトの目にも留まり、これから楽しみな投手。 B+
鹿沼圭佑2年
178cm80kg 右右
  高校時も140km台をマークする投手だったが、1年春からリーグ戦に登板しその後も成長を続けた。3年には148kmもマークし、乾投手とエースを競う。  しかし1年下の藤岡投手が台頭し、4年春はおもに B+
国岡祐樹2年
188cm75kg 右左
  脇町高校時代は怪我に悩まされるもしなやかな腕のふりから伸びがあるストレートは注目されていた本格派右腕。 父は元阪急のプロ野球選手の国岡恵治投手。 B+
栃谷弘貴2年
183cm73kg 右右
  力がある球があるが、ツーシーム、カットボールと動くボールを使い、主にリリーフで好投を見せる。安定感抜群で1試合を通して低めの球を投げ続けられる。 B+
宮崎太郎3年
184cm80kg 右右
  長身から投げ下ろす直球とフォークが良い。 済美高校時代は2年夏に甲子園出場。 B+
飯田大祐4年
181cm78kg 右右
オリックスドラフト7位
  常総学院では遠投110mの強肩に甲子園でもホームランを放ったスラッガーとして注目されたいた選手。  大学ではドラフト候補だった鮫島捕手がおり、出場機会は少なく結果を残せていないが、巨人との練習試 B
大城戸匠理3年
178cm78kg 右左
  50m6.0秒の俊足に遠投110mの肩があるが、守備がそれほど得意でなく、打撃を生かすため一塁手を守っていた。  大学4年時の春季リーグ戦では1番レフトで出場すると、東大戦で5打数5安打4打点を記録 B
岡部賢也4年
182cm86kg 右右
  特徴的なフォームからマウンドの傾斜を生かし140km/h台中盤の速球をテンポ良く投げ込む マウンド捌きやフィールディング、牽制も上手く投球センスがある 立教新座高時代は県大会1回戦から決勝戦までを B
西村凌3年
175cm74kg 右右
  3年生まで東都リーグで2試合に出場し2打数0安打だったが、4年生となった2013年の春に8番ファーストで出場すると、4試合連続ヒットに、中大戦でホームラン、青学大戦では2ランホームランと2本塁打を記録 B
平井克典3年
180cm83kg 右右
西武ドラフト5位
  サイドスローに近いスリークォーターから腕を振って投げる投手。身体全体には躍動感はないが、下半身と体の軸がしっかりとしており、投げた後の姿勢も安定している。 B

 

第3試合

大阪ガス
古都成輝1年
185cm78kg 右右
  ゆったりとしたフォームから140km/h前後の伸びのあるストレートで内角を突く、スライダー、カーブ 旧チームからエースナンバー、恵まれた体格からその将来性を高く評価される B+
室屋太郎1年
181cm81kg 右左
  強肩強打が持ち味の大型外野手 B
岸田行倫2年
175cm70kg 右右
  野球センス抜群で走攻守三拍子揃った選手。 1年生ではサードを守り、その後遊撃手として2年生で選抜大会に出場した。 2年秋からは強肩を認められて捕手に転向し、主将としてもチームを引っ張る。 B+
廣敬太2年
182cm65kg 右右
  ボールを離すときの肘の使い方が上手。 背中側に肘が入り、肘が思うように上がってこないのが欠点。だが、のびしろはある。 みた感じによると140キロはでている。プロ5球団のスカウトも視察したとても B+
古川昂樹1年
174cm70kg 右左
  強打の三塁手、スイングが力強い。 4年生の春に打率.446、3本塁打、打点10でリーグ3冠王に輝いた。 B+
花本太紀1年
175cm70kg 右右
  大阪大会決勝点となる、タイムリーを放つなど、勝負強さが売りの遊撃手。大阪大会と甲子園で両方打率を4割を乗せた。甲子園1回戦の、至学館高校戦では、本塁打を打つなど、長打力もある。 B-
鳥飼力斗3年
181cm75kg 右右
  体幹がしっかりしていて攻守にレベルが高いキャッチャー C
酒居知史2年
177cm80kg 右右
ロッテドラフト2位
  がっしりした下半身から148km/hのストレートを投げる。インコースにも攻められるコントロールがあり、変化球もチェンジアップが大きく沈んで空振りを奪える。 A
伊藤諒介2年
172cm78kg 右左
  身長は172cmと小柄だが、インコースに絶対的な強さを持っている感じで、バッターボックスギリギリまで前に立つと、インコースの球をバットのヘッドを手首を柔らかく返し、うまく回転させて引っ張ることができる B+
小畑彰宏4年
184cm75kg 右右
  高校時代はストレートに勢いがある本格派だったが、試合では外野手で出場するなど投手としては制球の課題などがあった。社会人に入り2年目の夏にスリークォーターに転向し制球とキレが良くなり、都市対抗、日本選手 B+
土肥星也3年
184cm74kg 左左
ロッテドラフト5位
  185cmの大型左腕投手。2年秋にエース番号をつけたが、春の香川県大会では打たれる場面が目立ち、ライバルの武田浩輝投手にエースの座を奪われてしまう。 テイクバックを大きくしたことが原因のようだが、四 B+
登地慶輔3年
175cm60kg 左左
  コマの様にクルっとまわるシュアなスイングスタイル。また、どんな球種、コースにも対応出来るバットコントロールに非凡な才を感じます。走守に関しても、二塁打、三塁打が多く次の塁を果敢に狙っていける脚力、静岡 B+
平川貴大5年
180cm75kg 右右
  フォームは後に体重を乗せると勢い良く前に踏み出す勢いのあるフォームで、肘を使ってスライダーを切る感じ。147kmのストレートは快速球というタイプの回転の良いストレートでスライダーもキレがあり変化が大き B+
峰下智弘2年
179cm80kg 右左
  峰下智弘選手は佐賀学園時代にエースとして甲子園でも活躍し、またシュアなバッティングもプロから注目されていた。  近畿大に進むと遊撃手としてプレーし、2年春には打率.205、秋には.258もチャンス B+
土井翔平4年
179cm82kg 右右
  智弁和歌山。捕手。強肩・キャッチングセンス抜群。バッティングは磨けば光る。 B
中谷佳太4年
175cm73kg 左左
  左の本格派と言えるフォームで、1年生とは思えないガッシリとした身体をしている。腕をテイクバックで小さくたたんで、身体を素早く回転させると同時に、腕をコンパクトに鋭く振る。度胸もあり135kmのストレー B
青木貴之3年
182cm80kg 左左
  東大阪大柏原出身の大型左腕投手、力投派の左腕投手 B-
茂山周平4年
178cm82kg 右左
  豪快な打撃が持ち味の選手で、智弁学園でも4番を打ち、現中日の小熊凌祐投手から甲子園でホームランを放った。  大学でも逆転ホームランなどチャンスに長打を放つ貴重なスラッガー。 C
JR四国
松田知希2年
174cm73kg 左左
  キレが良い球を投げるピッチャーだよ。 C
森山海暉1年
166cm61kg 右左
  小柄だが俊足好打の選手。明治神宮大会では背番号6。 C
松下秀一1年
173cm70kg 右右
  三重学生リーグで4度の本塁打王と2度の打点王を獲得した小柄な右の大砲 4年秋のリーグ戦は連盟新記録となる4試合連続本塁打を放った B
中芝優真2年
  ストレートは打者の手元でノビ、変化球は鋭く曲がる。 C
藤川将4年
182cm92kg 右右
  投げては141kmを記録し、打っても通算20本塁打を記録する大型遊撃手。 B
畠山啓太4年
179cm70kg 右右
  キレが良い球を投げるピッチャー B-
上野哲平3年
170cm62kg 左左
  JR四国の背番号18番。高松工芸高校出身。 C
西岡勇魚5年
167cm71kg 右右
  小柄だが、甲子園ではフェンス直撃の三塁打を放つなど打撃の面でも十分な活躍。 走力は、かなり期待できる。 C

 


PAGE TOP