西武ドラフト5位、Honda鈴鹿の平井克典投手がドラフト5位指名対決制す

Honda鈴鹿, 平井克典, 新日鐵住金広畑, 森原康平

社会人野球ン本選手権、Honda鈴鹿vs新日鐵住金広畑の試合では、埼玉西武ドラフト5位の平井克典投手と、東北楽天ドラフト5位の森原康平投手の、ドラフト5位指名対決となった。

ドラフト5位対決

Honda鈴鹿の平井投手はやや横から投げられる鋭いスライダーが武器で、この日は4回1アウト三塁のピンチでこのスライダーで2者連続の空振り三振を奪った。「狙ってもらった方がありがたい」と狙っていても打てないという自信を持っている。

この日は8回まで無失点、9回に完封を狙って登板したものの連打を浴びて降板した。平井投手は夏の都市対抗でも8回まで無失点も9回に降板しており8回0/3無失点という投球をしているが、「都市対抗と同じでしたね。やっぱり僕らしいと思いました」と話した。

相手は森原康平投手だった。150キロを超す速球が注目され、ドラフト会議では5位で指名された。試合前から意識していたという平井投手は「西武の意地に懸けて戦いました」と話し、笑った。

新日鐵住金広畑の森原投手はこの日は5回に1失点し、7回に1失点したところで降板、7回を投げて7安打1四死球5奪三振2失点という内容だった。悪くもなくという投球だったがドラフト指名投手対決に敗れ、次はプロの舞台でリベンジをしたい。西武と楽天という事で、次の機会はすぐに訪れるだろう。

スリークオーターに近い右横手から投じられるスライダーは「狙ってもらった方がありがたい」というほどの自信を持つ。4回1死三塁はその宝刀で2者連続空振り三振で切り抜けた。


PAGE TOP