西濃運輸はエース佐伯投手が完投、埼玉西武ドラフト3位の野田昇吾投手は登板せず

カナフレックス, 大西健太, 西濃運輸, 野田昇吾

西濃運輸はエースでベテランの佐伯投手が先発し、カナフレックスを5安打7奪三振1失点に抑える貫禄のピッチングを見せた。埼玉西武がドラフト3位で指名した野田昇吾選手は登板機会がなかった。

社会人屈指のエース

西濃運輸のエース・佐伯投手は球速こそ130キロだが、右サイドから投げられる投球フォームは、腕の出どころがほとんど見えず、長い手足でバッターの近くでリリースされ動く球にバッターはついていけない。チーム10年目のエースで昨年は都市対抗で念願の優勝を決めて涙を流していた社会人野球のレジェンド。

この日もスピードや曲がりの違う4種類のスライダーで、まだ全国大会の経験が少ないカナフレックス打線をほんろうし、9回5安打7奪三振1失点のピッチングを見せた。まさに貫禄のピッチングだった。

西濃運輸では埼玉西武がドラフト3位で野田昇吾投手を指名しているが、大エースの投球で登板機会はなく、次戦以降でのドラフト指名後のお披露目ピッチングとなりそうだ。

 

カナフレックス善戦

昨年の都市対抗優勝チームに対し、カナフレックスも1-3と善戦した。エースの大西健太投手は145キロを記録するが、東日本国際大時代から丁寧に低めに集める投球で4年春のリーグ戦では5勝0敗とエースとして活躍していた。

この日も最速は140キロを下回ったものの丁寧なピッチングで、9回8安打7奪三振で自責点は1と、社会人のレジェンドと互角に投げ合った。今後はカナフレックスが何度も全国大会に出てくるような社会人のエースになっていくかもしれない。ただ球速を140キロ中盤まで上げてくれば、先発としてドラフト候補にも入ってくると思う。

西濃運輸のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

カナフレックスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スピードや曲がり幅など4種類の変化をみせるスライダーを武器に相手打線を翻弄(ほんろう)。


PAGE TOP