鷺宮製作所、オリックス9位の赤間謙投手は4失点、横浜DeNA7位の野川拓斗投手は2回無失点

渡辺政孝, 赤間謙, 野川拓斗

社会人野球日本選手権の日本生命と鷺宮製作所の試合は、今年のドラフトで指名されたリリーフ投手の明暗が分かれた。

明暗

鷺宮製作所は1年目の渡辺政孝投手が先発したものの、1/3回で2失点しマウンドを降りた。そして登板したのが、オリックスからドラフト9位で指名された赤間謙投手だったが、2回は何とか抑えたものの3回に入ると満塁のピンチを迎えて走者一掃の3ベースヒットを浴び、2回2/3を投げて4安打4失点という結果となった。

先発の早すぎる降板で準備不足だったのだと思う。不運な登板でもあった。

そして4回からは横浜DeNAがドラフト7位で指名した野川拓斗投手が登板すると、野川投手は安定したピッチングを見せ、2回を1安打無失点に抑えた。こちらは準備ができての登板で本来の力を発揮した。

チームは日本生命に敗れ、これで赤間投手、野川投手の登板は最後となった。次はプロの舞台でリリーフとしての活躍を期待したい。

2015社会人野球日本選手権、5日目の対戦カードと注目選手、ドラフト指名選手

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page


PAGE TOP