都市対抗野球(2015)、11日目の対戦カードと注目選手

 都市対抗(2015)はいよいよ準決勝、王子vs日本生命、大阪ガスvs三菱重工広島のカードとなりました。注目選手の一覧です。 

第1試合

王子(王子製紙)
畑瀬聡史1年
180cm77kg 右左
  関大北陽高校出身で高校時は140km/hを記録する投手として注目された。 関西大では3年生となった春の関学大戦で初先発し、9回を4安打6奪三振1失点で完投勝利を挙げた。 B
宮下一歩1年
179cm86kg 右右
  京滋学生リーグでは数々の賞を獲得しているリーグ屈指の強打者、ポジションは一塁手or指名打者 大学2年時には既に4番打者、明治神宮大会の三重中京大学戦で現楽天イーグルス則本昂大の140km/h台 B
近藤均3年
177cm80kg 右右
  福知山成美高(甲)→関西大  福知山成美高時代は、2008年夏の甲子園に背番号1で出場。2回戦で常葉菊川に敗れたものの、9回から登板し打者3人で抑える好投をみせ、直球の最速は141キロを記録。 B
天願陽介2年
170cm72kg 右左
  高校時代は沖縄・八重山商工高校でクリーンアップを打っていた 富士大学に進学すると1年秋からスタメン出場を果す 2年次には大学戦手権で九州共立大・川満寛弥(現・千葉ロッテ)から大会史上11人 B
西川龍馬3年
175cm67kg 右左
  敦賀気比高校時代は3番遊撃手として甲子園でも活躍、プロからも注目されたがプロ志望はせず王子入りした。  王子では2年間鍛えて3年目となった2015年3月の中日とのプロアマ戦で痛烈なヒットを放った。東 B
伊礼翼4年
178cm74kg 右左
  運動センス抜群で攻守にレベルが高い内野手 C
鮎川飛雄馬4年
172cm76kg 右左
  小柄ながら145㎞の速球を投げ込む!高校時代は、二番手投手で社会人になりやっと眠っていた本当の力が開花したそれほど目立つような150㎞を越すストレートや切れ味抜群の変化球は、ないしかし打者から出所がみ  
日本生命
阿部翔太1年
178cm78kg 右左
  酒田南高校では捕手でプレーしていた。成美大に進学すると投手として、2年秋の仏教大戦で1安打8奪三振で完封勝利した。 その後、右肘を故障し4年春から再び投球をするようになった。  中日などプ B
小林慶祐1年
185cm80kg 右右
  八千代松蔭高校出身、3年春に5勝を上げて優勝に貢献した。 185cmの長身から投げる鋭いフォークボールが得意。 B
上西主起2年
185cm85kg 右右
  恵まれた体格から抜群の長打力と強肩を誇る野性味あふれる大型外野手、中部学院大学時代は1学年下の野間峻祥(現・広島)と共に強肩右中間コンビを形成した 中部学院大学4年秋に岐阜学生リーグで MVP・ A
清水翔太2年
177cm78kg 左左
  中京大4年秋に1部昇格を果たすと、愛知大戦で2試合連続完封勝利、2試合目は7回までパーフェクトで1安打無四球完封勝利だった。  日本生命に進むと、1年目春の四国大会で7回コールドながら完封デビュ A
広本拓也5年
183cm83kg 右右
  遠投110mの強肩の大型捕手で、法大、日本生命と捕手としての経験があり、守備型の捕手としてプロが注目している。 B
藤井貴之5年
185cm80kg 右右
  トルネード気味のフォームになり、横回転気味で投げるようになってしまった。スライダーは大きく曲がるがストレートの角度は無くなり制球も定まっていない。  今の状態ではプロは厳しいか。 B
山形晃平2年
176cm77kg 右左
  1年生で150kmを記録し、リリーフで速球で押すピッチングを見せる。 福谷、竹内が抜けた後のエース候補として先発でも投げそうだ。 B
山田和毅2年
172cm69kg 左左
  4年生となった春の大院大戦でも7安打11奪三振で完封と、キレの良い球が決まる試合では二桁三振を奪い、手が付けられないピッチングを見せる。  しかし、悪いときには制球を乱して自滅する。調子の波を安定さ B
原田拓実2年
185cm82kg 右左
  天理高校から立正大に進学したスラッガー。大型ながらセカンドやサードを守る事もできる。 C
平野和樹5年
172cm75kg 右左
  スイングスピードが速いスラッガー 高校通算54本塁打 C

 

 

第2試合

大阪ガス
岸田行倫1年
175cm70kg 右右
  野球センス抜群で走攻守三拍子揃った選手。 1年生ではサードを守り、その後遊撃手として2年生で選抜大会に出場した。 2年秋からは強肩を認められて捕手に転向し、主将としてもチームを引っ張る。 B
伊藤諒介1年
172cm78kg 右左
  身長は172cmと小柄だが、インコースに絶対的な強さを持っている感じで、バッターボックスギリギリまで前に立つと、インコースの球をバットのヘッドを手首を柔らかく返し、うまく回転させて引っ張ることができる B
酒居知史1年
176cm72kg 右右
  がっしりした下半身から148km/hのストレートを投げる。インコースにも攻められるコントロールがあり、変化球もチェンジアップが大きく沈んで空振りを奪える。 B
峰下智弘1年
179cm80kg 右左
  峰下智弘選手は佐賀学園時代にエースとして甲子園でも活躍し、またシュアなバッティングもプロから注目されていた。  近畿大に進むと遊撃手としてプレーし、2年春には打率.205、秋には.258もチャンス B
小畑彰宏3年
184cm75kg 右右
  高校時代はストレートに勢いがある本格派だったが、試合では外野手で出場するなど投手としては制球の課題などがあった。社会人に入り2年目の夏にスリークォーターに転向し制球とキレが良くなり、都市対抗、日本選手 A
青木貴之2年
182cm80kg 左左
  東大阪大柏原出身の大型左腕投手、力投派の左腕投手 B
飯塚孝史4年
174cm60kg 右右
  球速は136kmだがスリークォーターからの回転の良いストレートで、非常にキレの良いスライダーとチェンジアップの見せ球として使っている。  特に変化球は9者連続三振を達成するなど三振を奪える変化球で、 B
緒方悠6年
175cm78kg 右右
  馬力がある投手でストレートの球威は抜群! 鳴門第一高校時代から140キロ台後半のストレートを投げ注目されていた投手!! 鳴門市立瀬戸中学校時は軟式野球部でプレーした。 B
猿渡眞之4年
174cm73kg 右右
  飯塚高校時代の2年春の九州大会準々決勝の熊本工業戦で1安打完封の好投をし注目された本格派右腕! 威力があるストレートとスライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ、フォークの5種類の変化球を B
土井翔平3年
179cm82kg 右右
  智弁和歌山。捕手。強肩・キャッチングセンス抜群。バッティングは磨けば光る。 B
中谷佳太3年
175cm73kg 左左
  左の本格派と言えるフォームで、1年生とは思えないガッシリとした身体をしている。腕をテイクバックで小さくたたんで、身体を素早く回転させると同時に、腕をコンパクトに鋭く振る。度胸もあり135kmのストレー B
平川貴大4年
180cm75kg 右右
  フォームは後に体重を乗せると勢い良く前に踏み出す勢いのあるフォームで、肘を使ってスライダーを切る感じ。147kmのストレートは快速球というタイプの回転の良いストレートでスライダーもキレがあり変化が大き B
三菱重工広島
大下佑馬1年
177cm77kg 右左
  広島県出身で崇徳高校時代は142km/hを記録し、3年生となった2010年の春季大会では7球団のスカウトが視察に訪れていた。  夏の呉港戦で1試合15奪三振を記録している。  大学では伸び B
河津尚幸4年
179cm72kg 左左
  体全体を使った勢いのあるフォームで、肩の可動域が広く体を開かずにテイクバックを大きく取る事で、球に勢いをつけている。  大きなスライダーでタイミングを外してカウントを稼ぎ、最後に140km前後のスト B
鮫島優樹6年
178cm75kg 右左
  148kmの速球を誇り1年目から先発として活躍。予選でも重要な試合で先発を任されるが、まだ安定感に欠け、四球などで球数が多い。 B
白濱尚貴2年
178cm70kg 左左
  左のサイドハンドから投げられるストレートは140km台に達し、大きく曲がるスライダーとのコンビネーションでバッターも打ちにくい球を投げる。  高校時代は登板機会に恵まれなかったが、大学1年春にいきな B
田中友博3年
177cm75kg 右右
  愛知学院大出身で、右バッターながら1番遊撃手として活躍し、大学時代は4年秋に打率.361に10得点などで2度目のMVPに輝き、主将として6季連続優勝に貢献した。  三菱重工広島では1年目は下位を B
金沢湧紀3年
174cm80kg 右右
  入学時から17kg体重を増やし145kmをマーク。元々はマウンドとホームの真ん中でワンバウンドするなど制球難だったがそれも克服してきている。  小柄だが重い速球は高めで空振りを奪える。 C

 


PAGE TOP