社会人野球日本選手権第2日目の対戦カードと注目選手

社会人野球日本選手権第2日目の対戦カードと注目選手をまとめました。

第1試合

フェデックス
小田晋太郎1年
181cm80kg 右左
  とにかく足が速い選手。一塁到達タイムは4秒を余裕で切ると思われる。 打撃も広角に打ち分け、力もある。  
丸山陵司1年
177cm85kg 右右
  肩がとても強い。盗塁を許したところを見たことない。 リードもピッチャーの良さをしっかり引き出せる。 打撃は器用でしぶといバッター。  
丸山陵司1年
178cm75kg 右右
  強肩強打の能力が高い捕手 C
景山貴也3年
175cm74kg 右右
  小柄ながらMAX147㌔のストレート 常時140㌔台を記録する B+
森春樹2年
右左
  走力に長けている 塁間タイム3.48 西濃運輸の中村をも凌ぐ B
中井樹3年
178cm 右右
  肩が非常に強い選手、肩の強さはプロのトップレベル。 ベースの手前で伸びる低い送球が魅力。 将来性が期待できる守備派の捕手。 打撃情報なし。 C
JR西日本
西山統麻1年
174cm89kg 右右
  強豪智弁和歌山で、下級生からマスクを被る強肩強打のキャッチャー。 中学時代はU-15の日本代表に選ばれる。 肩が非常に強く、また打撃でも1年秋の近畿大会で本塁打を放つなどパワーがある。 B+
西川昇吾1年
177cm80kg 左左
  日本福祉大に入学すると、2年生の春に14試合中12試合に登板し延長10回を一人で投げるなど快投を見せた。  1部残留をかけた最終戦で愛知大を完封し、大学初完投初完封。 B+
蔵桝孝宏1年
176cm78kg 右左
  打撃センス抜群の外野手! B
吉川雄大3年
181cm75kg 左左
  恵まれた体格からキレのあるスライダーなどを投げ込む左腕 神村学園戦で好投 A
春原直登3年
173cm73kg 右左
  50mを5秒台で走る走力とリーグ戦2本塁打のパンチ力で神奈川のベストナインを獲得。 高校時代から注目されてきた逸材。 B+
佃勇典2年
178cm75kg 右左
  広島商業出身。140km/h前後のストレートとカットボールなどで打たせて取るピッチング。拓大では3年春に2部で3勝2敗、防御率5.40も入れ替え戦で5安打4奪三振で専修大を完封した。 B+
辻亮太3年
182cm77kg 右左
  打撃センス抜群で鋭いスイングから広角に打球スピードが速い打球を放つ強打者 B+
橋本涼3年
181cm80kg 右右
  181cmの本格派投手で縦のスライダーで三振を奪える投手。  大学4年春は、九州大戦で完封すると、毎試合2ケタ奪三振で5勝1敗、57イニングを投げ、69個の奪三振を記録。防御率1.87でで最多勝 B+
今井雄大4年
175cm75kg 右右
  50m6.0秒の俊足外野手。 打撃は季によって変動するなど一定はしていないが、確実な守備と盗塁や走塁のセンスは大学屈指の選手。 B
鈴木亮4年
180cm83kg 右右
  専修大では4年生の春に2部ながら4勝2敗、防御率1.21と活躍を見せた。しかし秋は1戦目の先発を任されたものの期待に応えられず、終盤は登板をしなかった。  JR西日本に入ると、チームが9月から公 B
福山純平4年
174cm69kg 右右
  マウンド度胸のある2年生右腕。最速は140キロ前半だが低めへのコントロールの評価は高い。SFF、カーブ、スライダーなどの多彩な変化球で甲子園で至学館戦で13奪三振を奪う。 2年秋大阪大会では東海大 B
山本大貴4年
179cm87kg 右左
  高校通算100号を達成したスラッガー!神港学園はグラウンドが両翼85mとホームランが出やすいが、公式戦でマークした推定140m弾は周囲を驚かせた。  50m6.7秒、遠投90mの左のスラッガー候 B

 

第2試合

東芝
善武士2年
178cm75kg 右右
  キレが良いストレートと質が高い多彩な変化球を投げる能力が高いピッチャー スライダー、スローカーブ、チェンジアップを投げる。  高校3年秋季熊本県大会優勝、準々決勝・秀学館高校を延長14回完封シ A
岡本拓也1年
173cm73kg 右右
  サイドスローから力がある140キロ台のストレートと曲がりが大きいスライダーのコンビネーションとマウンドさばきが抜群! フィールディングの上手さと牽制球の上手さは日本の大学生No.1! 高校時代は滋 B+
時本亮1年
175cm82kg 右左
  2010年のセンバツではライトスタンドに2ランホームランを放つなど、チャンスに強いバッティングを見せる。  またリードでも阿知羅投手や葛西投手などをリードし、明治神宮大会優勝、センバツベスト4に勝ち B+
佐藤旭2年
171cm72kg 右右
  パワフルな打撃が持ち味の大型外野手。 また、慶応大でキャプテンを務めるなど 人間性も十分に評価されている。 B
加嶋宏毅1年
178cm76kg 左左
  2013年10月7日の東京六大学野球秋季リーグ第4週第2日の東大戦でノーヒットノーランを達成。 C
金子聖史2年
178cm76kg 右右
  早くから長打力に注目され、また猿渡投手、森田投手など多彩な投手陣をリードして春季九州大会では3試合で2失点しか許さずリードの面でも評価されている。  その春季大会でパスボールでサヨナラという失敗か B+
谷岡竜平3年
180cm80kg 右右
巨人ドラフト3位
  球のキレが抜群でストレートに威力があるピッチャー B+
福本翼2年
184cm65kg 左左
  184cmの長身から、岩隈投手のようなあまり力を入れていないようなフォームで投げ下ろすストレートが魅力。球速は143km/hだがまだまだ伸びると思う。  福岡県出身、中学時代は福岡ニュース B+
福山亮2年
179cm75kg 右左
  高校時代は主将として夏の甲子園準優勝を果した、一塁、三塁、外野など複数ポジションを守ることができる 大学2年で一塁手としてスタメンを獲得するとベストナインに選出 3年春には定位置である B+
石川桜太4年
180cm75kg 左左
  甘い球を逃さず広角に鋭い打球を放つ左のヒットメーカー、俊足強肩の持ち主で外野守備も巧み 東海大学時代は4年春からスタメン起用され春季首位打者とベストナインのタイトルを獲得 東芝入社後は1年 B
小川裕生3年
178cm83kg 左左
  上武大学で4番を務める打撃力と関甲新リーグ盗塁王に輝く足を持っている俊足巧打の外野手 日本一を成し遂げた大学選手権では4番センターとして全試合出場。21打数3安打と極度の不振に見舞われたが、決勝 B
柴原健介3年
181cm87kg 右右
  大型捕手、チャンスに強いバッティングを見せ、東都2部では立正大・吉田裕太等とともに注目されていた。  日大から東芝に進むと、1年目の都市対抗2次予選決勝で、勝ち越しのヒットを放った。 B
萩野裕輔4年
181cm78kg 左左
  大型左腕として注目されている投手で、ヒジの手術からの復活が待たれていた。143kmのストレートに空振りを奪える鋭いスライダーが特徴。 B
王子
中林流星1年
170cm72kg 右右
  50m6秒の足を持つ小柄な快速スラッガー、高校通算16本塁打 常葉菊川高校では3年夏のシード校/藤枝明誠戦で4打数3安打6打点と活躍、草薙球場バックスクリーンに特大本塁打を放った B+
神鳥猛流1年
182cm93kg 右左
  愛知大学野球連盟屈指の強打者、亨栄高校時代に通算32本塁打を放った三塁手 中部大では1年からスタメンを獲得、2年春は優勝した愛知大学戦で9回裏に逆転サヨナラ満塁ホームランを放つなど勝負強さも兼ね B+
細川勝平1年
176cm79kg 右右
  1年生の入学直後の春リーグから正捕手を任される。 強肩、スローイングのコントロールの良さは秀逸。 この捕手から盗塁するのは困難。打撃も勝負強く ランナーが居る場面で強さを発揮。2014秋リ B
横川駿1年
168cm70kg 右左
  小柄だが高校時は通算84本塁打のパワーの持ち主。 神港学園のグラウンドはホームランが出やすいため、数には考慮すべき点もあるが、大学でも3年4年と主軸として活躍を見せた実力は本物。 高校2年時は B
近藤均4年
177cm80kg 右右
  福知山成美高(甲)→関西大  福知山成美高時代は、2008年夏の甲子園に背番号1で出場。2回戦で常葉菊川に敗れたものの、9回から登板し打者3人で抑える好投をみせ、直球の最速は141キロを記録。 B+
須貝勇哉4年
184cm72kg 右右
  サイドスローから勢いがある球を投げるピッチャー B+
天願陽介3年
170cm72kg 右左
  高校時代は沖縄・八重山商工高校でクリーンアップを打っていた 富士大学に進学すると1年秋からスタメン出場を果す 2年次には大学戦手権で九州共立大・川満寛弥(現・千葉ロッテ)から大会史上11人 B+
畑瀬聡史2年
180cm77kg 右左
  関大北陽高校出身で高校時は140km/hを記録する投手として注目された。 関西大では3年生となった春の関学大戦で初先発し、9回を4安打6奪三振1失点で完投勝利を挙げた。 B+
宮下一歩2年
179cm86kg 右右
  京滋学生リーグでは数々の賞を獲得しているリーグ屈指の強打者、ポジションは一塁手or指名打者 大学2年時には既に4番打者、明治神宮大会の三重中京大学戦で現楽天イーグルス則本昂大の140km/h台 B+
大宮慎司2年
174cm73kg 左左
  左から鋭い腕の振りで、左打者の外角の出し入れができる。 球速は140キロ前後だが、変化球でもストライクが取れる。 B
長岡宏介7年
176cm76kg 右右
  球のキレと制球力が良いピッチャー。 福知山成美高校時代に選抜に出場。 B
梅津寛樹8年
181cm77kg 右右
  高校時も注目された右腕で社会人で頭角を現し、144kmの速球とキレの良いスライダー、シュートで打ち取る投球を見せる。予選では三菱自動車岡崎を完封している。 B-
前田滉平1年
178cm 右右
  堅い守備力  

 

第3試合

 ビッグ開発ベースボールクラブ
日本生命
太田翼1年
176cm74kg 左左
  龍谷大平安高校出身で、高校時代は粘りの投球が持ち味で、3年夏の京都大会決勝でも立命館宇治戦で6回1/3で8安打を許すも2失点に押さえ勝利に貢献した。  甲子園では初戦で新湊と対戦、7回1/3を B+
神里和毅1年
178cm78kg 右左
  糸満高校では夏の沖縄大会で打率.526の活躍で優勝に貢献した走攻守三拍子揃った身体能力が高い選手。 広角に打てるバッティングと足が速く守備範囲が広さはプロのスカウトも高い評価をしている。 B+
本藤光貴1年
188cm95kg 右右
  高校通算39本塁打のスラッガーで投げては最速143キロの本格派右腕 B+
宮川祐輝1年
180cm70kg 右右
  50m5.7秒の俊足に長打力もあり、野手としても期待されている。  非常にきれいなフォームからキレの良い142kmのストレートとスライダーを投げる投手だったが肩をケガし外野手へ転向した。 B+
上西主起3年
185cm85kg 右右
  恵まれた体格から抜群の長打力と強肩を誇る野性味あふれる大型外野手、中部学院大学時代は1学年下の野間峻祥(現・広島)と共に強肩右中間コンビを形成した 中部学院大学4年秋に岐阜学生リーグで MVP・ A
清水翔太3年
177cm78kg 左左
  中京大4年秋に1部昇格を果たすと、愛知大戦で2試合連続完封勝利、2試合目は7回までパーフェクトで1安打無四球完封勝利だった。  日本生命に進むと、1年目春の四国大会で7回コールドながら完封デビュ A
阿部翔太2年
178cm78kg 右左
  酒田南高校では捕手でプレーしていた。成美大に進学すると投手として、2年秋の仏教大戦で1安打8奪三振で完封勝利した。 その後、右肘を故障し4年春から再び投球をするようになった。  中日などプ B+
伊藤悠人2年
175cm75kg 左左
  宇治山田商業出身、大学では4年春にベストナインに選ばれた。 またその年に大学日本代表合宿メンバー入りした。 B+
小林慶祐2年
185cm80kg 右右
オリックスドラフト5位
  八千代松蔭高校出身、3年春に5勝を上げて優勝に貢献した。 185cmの長身から投げる鋭いフォークボールが得意。 B+
古川昌平3年
176cm77kg 右左
  愛知学院大出身。日本生命では入社後に右肩を脱臼する大けがで捕手としてのプレーが危ぶまれたが、2年目秋の日本選手権では5試合すべてでタイムリーヒットを記録しMVPに選ばれた。 阪神スカウトも「十分 B+
山形晃平3年
176cm77kg 右左
  1年生で150kmを記録し、リリーフで速球で押すピッチングを見せる。 福谷、竹内が抜けた後のエース候補として先発でも投げそうだ。 B+
原田拓実3年
185cm82kg 右左
  天理高校から立正大に進学したスラッガー。大型ながらセカンドやサードを守る事もできる。 B-

 


PAGE TOP