佐野皓大, 大分高

巨人
 夏の高校野球甲子園大会、2日目第3試合に行われた日本文理vs大分の試合は、プロ注目投手同士の対決となった。大分の150km/h右腕・佐野皓大投手は試合前に155km/hを目標としていたが最速は145km/h、2-5で敗れ甲子園のマウンドを ...

佐野皓大, 大分高

No Image
 夏の甲子園大会に出場する150km/h右腕、大分高校・佐野皓大投手が、同じ150km/h右腕の盛岡大付・松本裕樹投手に挑戦状をたたきつけた。

佐野皓大, 大分高

阪神
 高校野球大分大会では大分高校の佐野皓大投手が準々決勝の藤蔭戦に先発すると、最速143km/hと抑えた投球でわずか89球で完封勝利した。この試合には8球団のスカウトが視察に訪れた。

佐野皓大, 大分高

広島カープ
大分高校の150km/h右腕・佐野皓大投手が夏のスタートを切った。この日は安心院戦で6回から登板すると最速は143km/h、スライダーを中心に4回1失点という内容だった。

佐野皓大, 善武士, 多良木高, 大分高, 小野郁, 西日本短大付

No Image
 九州に速球派投手が集まっている。2年秋に148km/hを記録した西日本短大付・小野郁投手、147km/hを記録した多良木・善武士投手、そしてこの春に150km/hを記録した大分・佐野皓大投手、この夏に九州最速を狙う。

佐野皓大, 大分高

No Image
 高校野球九州大会は準々決勝4試合が行われた。大分高vs東福岡の試合では大分のエース・佐野皓大投手が9回に150km/hを記録、試合には敗れたものの高校生では安楽智大投手に次ぐ球速となった。

PAGE TOP