宮川哲, 山下仁, 栗林良吏, 鳥巣誉議

No Image
明治神宮大会の上武大vs名城大、153キロを記録するという栗林良吏投手は最速は146キロどまりも、スライダー・コントロールが素晴らしく、さすが2年間でリーグ17勝の投手でした。

吉浦大樹, 名城大, 栗林良吏, 池谷蒼大, 静岡高

No Image
明治神宮大会が開幕する。中日スポーツでは静岡高校の144キロ左腕・池谷蒼大投手や名城大の2年生で153キロ右腕・栗林良吏投手など、東海勢の選手を紹介している。

名城大, 栗林良吏

No Image
11日から始まる明治神宮大会に名城大が出場する。名城大には2年生ながら153キロを記録し、すでにリーグ戦17勝を挙げている栗林良吏投手がおり、早くも2018年のドラフトの目玉と注目されている。

名城大, 愛知学院大, 本田洋平, 栗林良吏

No Image
名城大2年の栗林良吏投手が153キロを記録し、9回12奪三振2失点で完投勝利を挙げた。また今年のドラフト候補、愛知学院大の本田洋平投手は146キロの速球で押したものの敗れた。

名城大, 栗林良吏

No Image
愛知大学野球リーグの名城大vs日本福祉大の試合では、名城大の2年生・栗林良吏投手が最速149キロの速球を見せ、9回を7安打5奪三振2失点に抑えて完投勝利を挙げた。2年生の初戦で通算10勝目を挙げた。

PAGE TOP