東北学院大・本田圭佑投手がプロ志望、プロスカウト4球団が注目

本田圭佑, 東北学院大

 東北学院大の147キロ右腕・本田圭佑投手がプロ志望届を提出する。仙台六大学リーグの宮城教育大戦で6回参考ながらノーヒットノーランを達成し、プロ4球団のスカウトが視察を行った。

復活登板

 本田圭佑投手は最速147キロを誇る右腕で、鋭い変化球も持ちプロ注目の投手だったが、春は肘が下がり最速145キロも空振りをなかなか奪えずにチームの3位に沈んでいた。

 仙台六大学リーグの第2節、宮城教育大戦で先発した本田圭佑投手は最速は144キロも6回を投げて1四球7奪三振、ノーヒットに抑える快投を見せた。夏に「上からたたくとうな投げ方にしたら真っすぐが良くなった」と話し、夏の練習試合では社会人を完封、最速は146キロを記録したという。

 

プロへ

 その本田選手は「出すつもり」とプロ志望届を提出する見通し。この日は4球団のスカウトが視察に訪れるなど注目されている。

 仙台六大学リーグでは仙台大の熊原健人投手がドラフト1位候補で注目されており、熊原投手と互角のピッチングができれば、本田投手の評価も上がりそうだ。注目したい。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-大学生-宮城県のドラフト候補リスト

投球の角度も増し、8月の社会人相手の練習試合で完封。練習では最速146キロまで復調し、この日は144キロで3回裏1死から2者連続の空振り三振に仕留めた。プロ4球団のスカウトが視察する前での快投。「出すつもり」とプロ志望届も近日中に提出予定だ。


PAGE TOP