仙台大・熊原健人投手が今季初登板、8球団12人スカウトが注目

仙台大, 熊原健人

 仙台大の熊原健人投手が今シーズン初登板し、8回5安打1失点で完投、最速は149キロを記録した。

8球団12人スカウト視察

熊原健人投手は最速152キロの速球を投げ、今年のドラフト候補投手の中で最も強いストレートを投げる投手と評価される。しかし8月に背中を痛め、9月に入ってから投球を再開するなど出遅れていた。

この日は宮城教育大戦で先発すると、8回を投げて5安打1失点、失点はエラーがらみで自責点は0だった。最速は149キロを記録しまずまずのピッチングを見せた。

 

プロスカウト注目

この試合には8球団12人のスカウトが視察に訪れ、ドラフト1位候補としての最終チェックを行った。東北楽天・長島スカウト部長は「腕の振りの強さは魅力。則本と同じくらいのポテンシャルを持っている」と高い評価を示した。

熊原投手は速球の強さはすでに評価済みで、あとはピッチングの幅やフィールディングなどの課題がどこまで改善できているかで、プロで1年目からやるという気持ちが試されているように思う。

「マウンドに戻れたことが一番。しっかり勝てたのが自分の中で大きい」と話す熊原投手、ラストシーズンの戦いが始まった。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

仙台大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

この日は最速149キロと万全ぶりをアピールした熊原に、プロ8球団12人のスカウト陣も目を光らせた。楽天・長島スカウト部長は「腕の振りの強さは魅力。(楽天の)則本と同じくらいのポテンシャルを持っている」。すでにプロ志望届は提出済みで注目の的だ。

8球団12人のスカウトが見守る中で、先発して8回を完投した。5安打1失点で、許した得点は失策が絡み自責0だった。「マウンドに戻れたことが一番。しっかり勝てたのが、自分の中では大きい」と話した。


PAGE TOP