青山学院大・吉田正尚選手に4球団スカウト注目、高評価相次ぐ

吉田正尚, 青学大

東都大学リーグの2部リーグでは青山学院大vs拓大の試合が行われ、拓殖大が勝利した。ドラフト1位候補の吉田正尚選手は4打数2安打と活躍し、視察した4球団のスカウトが高評価を示した。

3本塁打、打率.378、12打点

吉田正尚選手は昨日の試合で6回にツーランホームラン、8回にソロホームランを放つなど1試合2本塁打、5打数4安打3打点の活躍を見せた。今季は立正大との3試合で13打数1安打と、夏の侍ジャパン大学代表などの疲れなどがあるようにも見えたが、その後調子を取り戻し、現在は3本塁打(2位)、打率.378(3位)、12打点(1位)と打撃成績の上位に入ってきている。

打撃や守備については、侍ジャパン大学代表でプロや高校との壮行試合で活躍を見せたことで、大学トップクラスの評価はすでに定まっている。この日も巨人横浜DeNA東京ヤクルト広島の4球団のスカウトが訪れたが、巨人の山下スカウト部長は「左投手を苦にしないし、リストが強く門田博光タイプ」と話すと、横浜DeNAの欠端グループリーダーも「プロに入ってすぐに打てるバットコントロールを持つ」と評価した。

 

ドラフト1位も

打線の中で外野手にやや課題のある東京ヤクルトは、昨年より神宮球場で活躍していた吉田選手に注目をしており、高山俊選手か吉田正尚選手がドラフト1位指名有力とみられる。

またここへきて横浜DeNAが先日は高田GMが視察を行い、この日も欠端スカウトが視察、梶谷選手、筒香選手にセンターでも若手野手が争うなど外野手は内野手に比べて充実をしているが、かなり注目度が高い。

巨人も長野選手、亀井選手、外国人が入れ替わる外野手を補強ポイントとしており、高山俊選手、谷田成吾選手やオコエ瑠偉選手などとともに吉田正尚選手に注目している。阪神なども高山俊選手を中心に主軸を打てる外野手に注目しており、ドラフト1位で指名される可能性は高いとみられる。

ドラフト会議の直前に単独1位指名を狙う情報も出てくるかもしれない。

2015年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

2015年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

2015年度-特Aランクのドラフト候補リスト

大学日本代表の4番に座る吉田について巨人・山下スカウト部長は「左投手を苦にしないし、リストが強く門田博光(元南海)タイプ」と将来の大砲をイメージ。DeNAの欠端グループリーダーは「プロに入ってすぐに打てるバットコントロールを持つ」と評価した。


PAGE TOP