明大・上原健太投手は5回無失点、広島スカウト部長が評価

上原健太, 明治大

明治大のドラフト1位候補・上原健太投手が慶大戦に先発し、5回を5安打4奪三振2四球で無失点に抑えた。ドラフト前にスカウトにアピールした。

190cm左腕、最速は145キロ

190cmの大型左腕としてドラフト1位候補に名前のあがる明治大・上原健太投手はこの日、初回にいきなり3連打を許したものの、最速145キロの速球とカーブで無失点に抑えると、その後は5回まで2安打に抑えて無失点、チームも3-1で慶大に勝利した。

その特徴からドラフト1位候補として注目されている。最速151キロを記録しているものの大体は140キロ前半の速球とカーブで打ち取る投球で、先発して長いイニングを任されるというよりは、5回を2失点程度に抑えるピッチングが多かった。視察を続けるスカウトも「もう一皮むけてほしい」と常に思いながら見ていた選手だと思う。

この日も広島の苑田スカウト部長が視察し、「速いボールは今まで見ている。変化球中心ではなく、真っすぐ中心なら、もっと違う形で抑えることができるでしょう」と話し、変化球中心で抑えている上原投手にやきもきしながらも、プロでは強い球を投げてくれることを祈るような形で見ていた。

また北海道日本ハムの木田GM補佐も「あらためて能力の高さを感じた」と評価している。潜在能力の高さについては、広陵高校時代から言われているがなかなか表に出てこない。最終的にプロがどのように判断するか、特にドラフト1位候補に名前を挙げる広島カープの指名に注目が集まる。

2015年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

2年の秋からドラフト1位候補として視察を続ける広島・苑田統括スカウト部長は「速いボールは今まで見ている。変化球中心ではなく、真っすぐ中心なら、もっと違う形で抑えることができるでしょう」と高く評価をする。

初回にいきなり3連打されたが最速145キロの直球を軸にカーブを交えて無失点。「打たれても粘り強くいこうと思った」と4回まで毎回走者を背負いながら5回無失点と踏ん張った。今秋ドラフト上位候補に挙がるが「精いっぱい持っているものを出すだけ」と冷静。視察に訪れた日本ハムの木田優夫GM補佐は「あらためて能力の高さを感じた」と評していた。


PAGE TOP