東京ヤクルトのドラフト5位、山崎晃大朗選手が3盗塁の活躍

山崎晃大朗, 日本大

東都大学リーグの日大vs専修大の試合では、ドラフト会議で東京ヤクルトから5位指名された山崎晃大朗選手が1安打2打点3盗塁の活躍を見せた。

専修大の連覇消す

山崎選手は20日、21日の駒澤大戦は11打数ノーヒットとドラフト前の緊張感も見せていた。しかし22日のドラフト会議で東京ヤクルトから5位指名をうけて明けたこの日は3番センターで出場すると、初回に1アウト1塁の場面でバントをすると相手のエラーを誘い走者が一挙にホームイン、山崎選手も2塁まで進んだ。

5回にはタイムリーヒットを放ち2打点目を挙げるとすかさず二盗を成功させ、6回には三盗、8回には二盗を決め、2打点3盗塁の活躍で専修大に8-5で勝利した。

 

1番センター獲得を

山崎選手は「僕の長所は足と守備」と話し、足で活躍したことに納得していた。東京ヤクルトはドラフト1位で高山俊選手の獲得ができず、1番センターの候補として山崎選手への期待が大きくなった。

「投手に嫌がられる打者になりたい。1年目からレギュラーを獲る。目標は開幕1軍」と話し、2番川端、3番山田、4番畠山につなぐ打者を目指す。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

東京ヤクルトスワローズのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

50メートル5秒9の俊足で攻守に躍動した。1点を追う初回1死一塁から犠打で失策を誘って同点とし、自身も一気に二塁へ。再びリードを許した5回には同点の右前適時打。さらに二盗も決めると、もう止まらない。6回には三盗、8回にも二盗に成功し「僕の長所は足と守備」と胸を張った。


PAGE TOP