侍ジャパン大学代表からは10人がプロ入り、北海道日本ハムは4人指名

上原健太, 井口和朋, 吉田侑樹, 吉田正尚, 坂本誠志郎, 宇佐見真吾, 柴田竜拓, 横尾俊建, 茂木栄五郎, 高山俊

北海道日本ハムはドラフト会議で、ドラフト1位で上原健太投手、3位で井口和朋投手、6位で横尾俊建選手、7位で東海大の吉田裕樹投手を指名、侍ジャパン大学代表メンバーとして活躍した4人だった。

ユニバーシアード優勝メンバー

侍ジャパン大学代表は、今年のユニバーシアードで日本初となる金メダルを獲得している。代表選士からは、高山俊選手が2球団競合でNO.1、吉田正尚選手がオリックスのドラフト1位指名で2番、外れ1位の指名で上原健太投手が北海道から指名され、ドラフト会議時点での評価は3番という事になった。

続いて坂本誠志郎選手が阪神のドラフト2位、茂木栄五郎選手が東北楽天のドラフト3位、柴田竜拓選手が横浜DeNAのドラフト3位、井口和朋投手が北海道日本ハムに3位、宇佐見真吾選手が巨人の4位で指名された。

また北海道日本ハムは、ドラフト6位で横尾俊建選手、ドラフト7位で吉田侑樹選手を指名し、こちらもLINEでメッセージのやり取りを行ったという。

 

指名漏れも

また指名されなかった選手もいた。主に5番を打った慶大の谷田成吾選手や、亜細亜大の北村祥治選手、藤岡裕大選手、立命大の山足達也選手はプロ志望届を提出していたが指名されなかった。

北海道日本ハムの4人のほか、吉田選手、茂木選手がパリーグ、高山選手、坂本選手、柴田選手、宇佐美選手がセリーグで戦う事になった。これから社会人などに進み2年後のプロ入りを目指す選手も含めて、大学代表メンバーもそれぞれの進路に旅立っていく。

ユニバーシアード出場の侍ジャパン大学代表メンバー決定 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

プロ入り後は“大学日本代表カルテット”で切磋琢磨する。チームメートになる日本ハム1位の明大・上原健太投手=広島・広陵高出=、同6位の慶大・横尾俊建内野手=東京・日大三高出=、同7位の東海大・吉田侑樹投手(いずれも4年)=大阪・東海大仰星高出=とは、大学日本代表でも同僚だった。


PAGE TOP