早大はドラフト指名選手の茂木栄五郎選手、重信慎之介選手などが活躍し勝利

中川誠也, 茂木栄五郎, 重信慎之介

明治神宮大会大学の部では東京六大学代表の早稲田大が登場、愛知大と6回まで0-0と一進一退だったが、7回に東北楽天ドラフト3位の茂木栄五郎選手の走者一掃の3点タイムリー3ベースヒットで勝ち越し3-0で勝利した。

大学選手権はMVP

茂木栄五郎選手は今年春のリーグ戦で5本塁打を放ち、大学野球選手権でも優勝に貢献してMVPを獲得している。しかし秋は故障などもあり本調子でなくリーグ戦の打率も.200に終わった。それでも2本塁打を放ち、東北楽天がドラフト3位で指名をしている。

その茂木選手はこの日、0-0の7回2アウト満塁の場面で打席に入ると、逆方向にしっかりを腰を回転させたスイングで放たれた打球は左中間の外野の頭を超し、走者一掃の3点タイムリーヒットとなった。茂木選手は初回にも内野安打を記録、3回にはライトフェンス際まで飛ばす打球を放ち、スイングの調子はよさそうだ。4打数2安打3打点、秋もMVPを獲得するような予感をさせる。

 

ドラフト指名選手対決

また早稲田大は、巨人がドラフト2位で指名した重信慎之介選手が初回にセカンドへゴロを快足飛ばして内野安打にすると、すかさず盗塁を決めるなどさすがの足を見せた。

愛知大は中日が育成ドラフト1位指名をした中川誠也投手が登板し、7回に3失点をしたもののほかのイニングは無失点に抑え、8回8安打7奪三振3四死球と好投を見せた。外角の速球のコントロールが良く、早稲田大のバッターも見逃し三振が多かった。

ドラフト会議で指名された選手は、やはり素晴らしい特徴を持つ選手という事だろう。足、コントロール、そして勝負強さと、来年からプロのユニフォームを着る選手が貫禄を見せてくれた試合だった。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

投手戦の均衡を破った。0―0の7回2死満塁。早大の3番・茂木は中日に育成で1位指名された愛知大・中川の直球を捉え、左中間へ走者一掃の三塁打を放った。


PAGE TOP