来年のドラフト上位候補、東海大・丸山泰資投手が6回3安打無失点「プロに行きたい」

丸山泰資, 東海大, 渡辺勝, 神原友, 芳賀智哉

明治神宮大会大学の部では東海大が環太平洋大に3-0で勝利した。東海大3年生の丸山泰資選手が先発すると、6回を3安打無失点に抑え来年のドラフト上位候補の力を見せた。

151キロ完全男

丸山泰資投手は176cmの右腕だが最速151キロを記録し今年春のリーグ戦で完全試合を記録している。この日は初回から制球が乱れ6回までに5つの四死球を与えるなど苦しいピッチングだったが、140キロを超す力のある速球でヒットは3本しか許さず5三振を奪い、6回無失点と粘りを見せた。

来年のプロ入りに強い思いを示す丸山投手は、今年のドラフト会議で吉田侑樹投手、中川皓太投手が指名されてプロ入りしたことについて「プロに行きたいと思います」と改めて来年のプロ入りを誓った。

東海大は7回からこちらも来年のドラフト候補・神原友投手が投げて1回2/3を1安打3奪三振無失点、8回からは4年生で安定感抜群の芳賀智哉投手が1回1/3を投げて1安打3奪三振に抑え、3投手で完封リレーをした。

中日育成ドラフト6位の渡辺選手も活躍

またこの日は東海大1番の渡辺勝選手が7回に先頭打者として2ベースヒットを放つなど5打数2安打の活躍を見せた。一本足打法から左右に強い打球を打てる選手で、この日の2ベースヒットもライトオーバーのヒット。足もあり1番も打てるが3番なども打てそうな選手。まずは支配下登録に向けて期待したい。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

東海大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

5月3日の日体大戦で、首都大学リーグでは46年ぶり2人目となる完全試合を達成。来秋のドラフト候補に挙がる最速151キロ右腕は「プロに行きたいと思います」とアピールを誓った。

憧れの王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)と同じ1本足打法で「良い時は打てる気しかしない」と胸を張った。投げては今春リーグ戦で完全試合を達成した3年生右腕・丸山が6回無失点。「調子は良くなかった」と言いながらも「4年生と一日でも長く野球したい」と32年ぶりの優勝を見据えた。


PAGE TOP