早稲田・上武の1年生左腕対決は早稲田・小島和哉投手に軍配、巨人、楽天ドラフトコンビで先制点

丸子達也, 寺沢星耶, 小島和哉, 茂木栄五郎, 重信慎之介

明治神宮大会大学の部の準決勝、早稲田大vs上武大の試合は1年生左腕同士の対戦となった。

1年生左腕対決

上武大は1年生左腕の寺沢星耶投手が先発した。寺沢投手は昨年、佐久長聖のエースとして夏の甲子園に出場し、東海大甲府を相手に6回1失点と好投を見せたドラフト候補の一人だった。その寺沢投手は今大会、初戦の道都大戦で9回にマウンドに上ると3者連続三振に斬って取る勢いのあるピッチングを見せた。

そしてこの日の早稲田戦に先発のマウンドを託されると、伸びのある速球と鋭いスライダーで3回には早稲田大の河原右京選手、茂木栄五郎選手を三振に取るなど7回4安打9奪三振2失点と起用に応えるピッチングを見せた。しかし初回に巨人ドラフト2位の重信慎之介選手と東北楽天ドラフト3位の茂木栄五郎選手のコンビで先制点を許すと、4回には4番・丸子達也選手に一発を浴びて2失点、1-2で惜しくも敗れた。

一方、早稲田大も1年生左腕・小島和哉投手が先発した。小島投手は浦和学院で2年生の春に優勝をしており、リーグ戦でも春から先発の一角を担っている。この日は5回に上武大5番の中稔真選手にホームランを浴びたものの失点はこの1点のみ、9回を投げて3安打8奪三振1失点とさすがの安定感を見せた。

1年生左腕といえば法政大に進んだ森田駿哉投手などもいた昨年の高校3年生世代だが、まずは小島投手、寺沢投手が2018年のドラフト番付の上位に入ってきている。まだ先は長いが、故障をすることなく成長を続けてほしい楽しみな投手だ。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

一回先頭の巨人D2位指名・重信が鮮やかな中前打を放ち、犠打で二進。続く茂木の右前打で、50メートル5秒7の快足で悠々と本塁を陥れた。

 


PAGE TOP