法政大が練習納め、来年の課題は投手か?高校野球オールスターが加入で勢いも

森川大輔, 法政大

法政大は今年、チーム創部100周年という事で優勝も期待されたが昨年は春・秋ともに5位、春は2位に上昇したが秋は再び5位となり、東大にも春と秋に2度敗れるなど、優勝した早稲田大に及ばなかった。

課題は投手?

100周年のチームを率いたのは日大三で主将として夏の甲子園で優勝した畔上翔選手、実績もリーダーシップも申し分のない選手だったが、優勝に導くことはできなかった。そして来年は桐蔭学園出身で甲子園の出場はなく、大学でもレギュラーとなったのはこの秋からという森川大樹選手が務める。「元気に泥臭くいく」と話す森川主将がチームを率いる。

今春に就任した青木監督は「今年、野手は育ってきた。あとは投手陣がしっかりしてくれれば」と話した。野手では1番で1年生の大西千洋選手を起用して定着した。主軸は今年は畔上選手など4年生が打っていたが、チャンスに強い柴田圭輝選手や日大三時代に注目された金子凌也もその前後で起用されて結果を出した。

投手では春や1年生の森田駿哉投手と熊谷拓也投手、秋も1年生の菅野秀哉投手と熊谷選手が先発を務めたが全員防御率は3点台後半だった。森田投手、菅野投手は高校時代から注目されていた投手で、素晴らしい球威や変化球を見せたものの、東京六大学の強打者相手には苦労した。

個人的に、現有勢力を見ると投手は森田投手と菅野投手が力を見せた事で展望は開けているように見えるが、逆に野手は軸となりそうな選手が出てきていない。おそらく来年で伊藤寛士捕手、宇草孔基選手、福田光輝選手、安本竜二選手、舩曳海選手といった高校野球のオールスターのような選手たちが入部してくる事から、青木監督は新1年生に期待をしているのかもしれない。

しかし来年3年生となる森龍馬選手や伊勢隼人選手、水谷友生也選手といった素晴らしい選手がいる。台頭を期待したい。

 

来年のドラフト候補は?

法政大は2012年に三嶋一輝投手、2013年に西浦直亨選手、2014年に石田健大投手とプロ入りが続いていたが、今年は畔上選手が指名漏れとなりプロ入りは0人だった。そして来年のドラフトで指名されそうな選手も今のところいなさそうだ。作新学院出身の大谷樹弘選手や日大三の金子選手の世代だが金子選手も来年プロというと今のままでは厳しい。1年時から先発をつとめた玉熊将一投手が伸び悩んでいる。

2年連続でプロ入り0になってしまうのか、新4年生の奮起を期待したい。

法政大がスポーツ推薦合格発表、15人が合格 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP