東海大・丸山泰資投手も始動、大学ジャパン入り目指す

丸山泰資, 東海大

首都大学リーグの雄・東海大が練習を開始し、昨年春に完全試合を達成した151キロエースの丸山泰資投手が始動した。

大学ジャパン入り目指す

丸山泰資投手は151キロの速球にキレの良いスライダーなど変化球もあり、176cm77kgと体は大きくないものの腕が伸びてくるような印象を受ける投手で、昨年春のリーグ戦・日体大戦では完全試合を達成している。

しかし、昨年のユニバーシアードに出場した侍ジャパン大学代表チームは、春の合宿の時点で選考がほぼ決まっており代表入りはならなかった。東海大では昨年北海道日本ハムにドラフト7位で指名された吉田侑樹投手がハーレムベースボールウィークでアメリカに好投を見せたが、今年は日米大学野球が開催され、丸山投手は「大学ジャパン入りを目指したい。」と話し、メジャー予備軍のアメリカを相手に自分のピッチングを見せたいと抱負を語った。

丸山投手もドラフト上位候補に入ってくるとみられ、春の内容によっては1位に挙げてくるチームのあるかもしれない。今年の注目の投手の一人。

東海大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

昨春首都大学リーグの日体大戦で完全試合を達成した東海大の151キロ右腕・丸山は神奈川県平塚市のグラウンドでランニングなどで汗を流し「大学ジャパン入りを目指したい。チームとしては日本一を目指したい」と今年の抱負を語った。


PAGE TOP