亜細亜大が始動、諏訪洸投手、水本弦選手がチーム引っ張る

亜細亜大, 水本弦, 諏訪洸

東都大学リーグで昨年秋のチャンピオン・亜細亜大が始動した。エースの期待を受ける諏訪洸投手、大阪桐蔭で春夏連覇メンバーだった水本弦選手が注目。

黄金世代を引き継ぐ

亜細亜大は昨年秋に明治神宮大会で優勝、藤岡裕大選手、北村祥治選手、板山祐太郎選手、遠藤雅洋選手といった4年生世代が中心だった。この世代は1年春から3年春まで5連覇を達成し大学4年間で6度のリーグ制覇をしてい黄金世代だった。

この世代が抜け新たな亜細亜大を引っ張る主将の水本弦選手は、大阪桐蔭で藤浪晋太郎選手や森友哉選手などとともに春夏連発を達成したチームの主将だった。「去年出ていたメンバーはほとんどが4年生でした。自分たちに力がないことは理解していますが、4年生がいなくてもできるぞというところを見せたい」と話し、意地を見せる決意を語った。水本選手は1年時に勝負強い打撃を見せたが、2年時は主軸として起用されたものの打率が上がらず、昨年は春秋ともに規定打席に到達していない。リーダーシップとともに打撃成績アップも目指す。

投手では諏訪洸投手がエースとして期待される。諏訪投手は168cmの左腕投手で、下妻二高校時代から切れの良い速球を投げて注目されていた。現在は最速142キロで好投を見せるものの短いイニングで攻略される場面もあったりする。「レベルの高いプロで野球をやりたい」と話し、プロへの思いを話すが、そのためにはこの春にきっちりと結果を残すことが必要となりそうだ。

亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

阪神藤浪と甲子園春夏連覇した主将の水本弦内野手(3年=大阪桐蔭)は連覇へ向け「去年出ていたメンバーはほとんどが4年生でした。自分たちに力がないことは理解していますが、『4年生がいなくてもできるぞ』というところを見せたいです」と言い切った。


PAGE TOP