東北福祉大・長坂拳弥捕手にプロ注目

東北福祉大, 長坂拳弥

東北福祉大の主将に任命された捕手の長坂拳弥選手は、打撃の良い捕手としてプロも注目している。

即戦力捕手

長坂拳弥捕手は健大高崎時代に甲子園で2打席連続ホームランを放ち注目された。175cmと体は大きくないが鋭い打球を放ち、昨年秋は東北福祉大の4番も打った。また昨年春には打率.389を記録し、打撃のある捕手としてプロも注目をしている。また昨年の中日ドラフト2位・佐藤優投手や、城間竜兵投手など沈む球を武器とする投手を巧みにリードし、昨年秋はリーグ優勝に貢献した。

長坂選手は「目標は日本一」と話した。仙台六大学リーグでは力をつけてきた東北学院大や仙台大と首位を争うが、東北学院大は本田圭佑投手、仙台大は熊原健人投手が卒業し、選手層の厚い東北福祉大が再び牙城を築く可能性もある。その足固めとして今年は出場を逃し続けた大学野球選手権への出場と、昨年は立命大・桜井俊貴投手の前に18三振を奪われて敗れた明治神宮大会でリベンジすることが必要となる。

ドラフト候補として体もそれほど大きくないという事もあり、かなりの好成績を残す必要があると思う。しかし今年は即戦力捕手の候補が比較的少ない事もありチャンスでもある。

東北福祉大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

チームを引っ張る立場となり「目標は日本一」と、リーグ戦優勝からの全日本大学選手権や、明治神宮大会制覇を掲げた。


PAGE TOP