専大・森山恵佑選手に注目、スラッガーとして大成なるか

専修大, 森山恵佑

東都リーグでは今年のドラフト候補として日大の京田陽太投手がプロから注目されているが、専大の森山恵佑選手もポテンシャルを高く評価されている。

ゴジラ2世

専大の森山恵佑選手は187cm85kgの左投げ左打ちの選手、星稜高校では高校1年時から打撃練習での飛距離に注目され、松井秀喜選手が打撃練習で場外に球が出て危険という事で張った「松井ネット」を超す長打を見せていた。

高校2年時には釜田佳直投手からホームランを放ち、また143キロを投げる大型左腕としても注目されていたが、プロ志望届は提出せずに専修大への進学を決めた。

専修大では野手一本で勝負することを決め外野手に専念すると、2年春に2部リーグで打率.341を記録し2位の成績を残した。昨年1部に昇格すると春は打率.244、秋は打率.235と低迷したが、秋には2本塁打を放ちスラッガーとしての力を見せ始めている。

今年は主将となり、「ことしの目標は、まずは春のリーグ連覇。そして先輩たちができなかった日本一。」と話した。斎藤監督からは投球練習もするように指示されているようで再び二刀流となるかもしれないが、注目の打撃で「個人では3割、本塁打3本以上、10打点以上でベストナイン。」とし、「ドラフトを変に意識するのもよくない」と話したもののプロも意識しているようだ。

4年春のリーグ戦で素質を開花させることができれば、ドラフト候補として名前が挙がる選手になるだろう。

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

「ことしの目標は、まずは春のリーグ連覇。そして先輩たちができなかった日本一。個人では3割、本塁打3本以上、10打点以上でベストナイン。ドラフトを変に意識するのもよくないし、チームのことをおろそかにしないようにと思ってます」。


PAGE TOP