中京学院大・吉川尚輝選手に「1位じゃないと獲れない」、中日・横浜DeNAがマーク

中京学院大, 吉川尚輝

今年のドラフト上位候補として注目される中京学院大・吉川尚輝選手について、中日横浜DeNAのスカウトが「1位でないと獲れない」と評価していることが分かった。

NO.1内野手

吉川尚輝選手は岐阜の中京高校で1年生の夏からサードとして出場すると、一度は関東の強豪大学に進学するために入寮、春季キャンプにも参加したものの部になじむことができず、入学前に岐阜に戻った。その時は「野球が嫌になった。地元で働こうと思った」と話したが、3月に中京学院大を受験して合格した。

中京学院大では1年生でショートのレギュラーを獲ると秋にはベストナインに輝き、2年春には打率.439で首位打者、盗塁王、ベストナインに輝いた。大学代表候補合宿にも参加しフィールディングを評価されるた。

50m5.7秒の抜群の足があり、守備でも高いセンスを持つ。打撃でも広角に打ち分ける技術があり昨年秋よりドラフト上位候補として名前が挙がり始めた。

 

プロのスカウトも評価

吉川選手について中日の清水スカウトは「久しぶりに出てきたショートらしいショート。守備と足はすぐにプロで使える」と話すと、横浜DeNAの大久保スカウトも「センスが抜群。守備は柔らかいしスピードもある。どこも狙っている選手でしょう」と話す。

中京学院大では広島で活躍する菊池涼介選手を輩出しているが、近藤監督は「菊池に勝るとも劣らない。菊池のような野性味はないがスマート。教えることがない」と話した。吉川選手もプロを意識し「ドラフトまであと9か月。そこに人生がかかっている。上位指名でプロに行けるように頑張りたい」と話す。

打撃に力強さが増せば、確実にドラフト2位までには消える選手となりそうだ。横浜DeNAは柴田竜拓選手、倉本寿彦選手と遊撃手を2年連続で指名、中日も遠藤一星選手や阿部寿樹選手など指名を続けている。ショートが固まらないチームにとっては、今後10年間は遊撃手のことを考えなくても良いと思える選手だろう。

2016年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

中京学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

中京学院大にすごいショートがいた プロ級!!守備&俊足の吉川 中日スポーツ紙面  2016/2/17

 


PAGE TOP