立教大・田村伊知郎投手が146キロ!プロへ強い思い

田村伊知郎, 立教大

立教大が日本通運とオープン戦を行い、報徳学園時代からプロが注目をしている田村伊知郎投手が先発、146キロの力強い球を投げた。

4回3失点

田村伊知郎投手は今季最初となるオープン戦で先発を任されると、初回に変化球が決まらずに3失点、2回以降もヒットを許してランナーを背負う場面が続いたが粘りのピッチングを見せ、4回6安打3失点という内容だった。これには溝口監督も「二本柱候補として考えていますから、この出来では困る」と話し、田村投手も「変化球の制球が悪く、真っすぐを狙われた」と反省をした。

しかし球速は146キロを記録、「いいボールは空振りを取れた」と話すストレートで3三振を奪い、先日行われた冬季特別トレーニングにて元巨人の鹿取氏よりアドバイスを受けフォームの修正に取り組んでいるが、。「教わったフォームがモノになりつつある。モノになれば、150キロも出ると思う」と実感している。

 

プロへ

田村投手といえば報徳学園時に1年生で甲子園で登板し、小柄ながら浮き上がってくるような伸びのあるストレートを見せて注目された。しかしその後は結果があまり残せず、ドラフト候補にも名前が挙がったものの立教大進学をしている。

大学では1年生から沢田圭佑投手とともに登板して期待されたが、現在までの成績は2勝5敗、リリーフなどで登板しているが、昨年秋は4度先発をし明治大戦で8回9安打1失点と好投を見せたものの、ほかの3試合は3回までに失点を重ねて降板をしている。

この日も4回で3失点と昨年秋と結果は同じだが、ピッチングの内容が変わってきたというのであれば、今後はそれが結果に反映されることを期待したい。田村投手は「プロに行きたい」と高校時代にかなわなかったプロ入りに強い思いを見せる。先発で失点が減ってくれば、プロのスカウトの視線も厚くなってくるだろう。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

4回を投げて6安打3失点という内容に「バント処理とか、今までと違う形でアウトがとれたけど、変化球の制球が悪く、真っすぐを狙われた」と反省。

変化球の制球に苦しみ、初回に3失点。それでも直球には球威があり、内角球でバットを折る場面もあった。奪った3三振も、いずれも直球。「いいボールは空振りを取れた」と、二回以降は追加点を与えなかった。


PAGE TOP