横浜商大・左澤優投手、谷口諒選手のドラフト候補コンビが活躍

左澤優, 横浜商大, 谷口諒

横浜商大はこの日、今季初のオープン戦となる日大国際関係学部との試合に臨んだ。プロ注目のドラフト候補コンビが活躍を見せた。

ドラフト候補コンビ

横浜商大はエースの左澤優投手が先発すると、5回を投げて2安打6奪三振無失点と好投を見せた。また主将でこちらもドラフト候補の4番遊撃手・谷口諒選手が、3回に1アウト満塁の場面で打席に入ると、レフト前に2点タイムリーヒットを放った。試合は8-2で横浜商大が勝利した。

左澤投手は175cmの左腕で球速は141キロ、下半身をしっかりと使い上体に力感を感じさせずに躍動感のあるフォームで、伸びるストレートと大きく曲がるスライダーを投げる。2年生だった2014年秋のリーグ戦で5勝2敗を挙げ最優秀防御率になり、横浜市長杯では平成国際大の佐野泰雄投手(2014年埼玉西武ドラフト2位)と投げ合い、4安打完封で勝利をした。昨年は春秋ともに目立った成績を残せなかったが、オープン戦初戦で好投し今年は活躍が期待できそうだ。

また谷口選手は180cm90kgの大型遊撃手で右のスラッガー、昨年秋は3本塁打に9打点を挙げ2冠に輝いた。打席ではどっしりと構えた安定感がある。大型内野手はなかなか貴重な存在で、京田陽太選手が注目されるならば、谷口選手も比較の対象に入ってくるかもしれない。

日大国際関係学部は、昨年のドラフト会議で柿沼友哉捕手が千葉ロッテの育成ドラフト2位で指名された。また2年生の小澤拓馬投手は、福岡ソフトバンクにドラフト2位で指名された小澤怜史投手の兄。日大三島で兄弟でプレーし、怜史選手が外野を守り、拓馬選手がエースとしてマウンドに登っていた。大学では150キロ戦後の速球を投げているという話もあり、将来が楽しみな投手。

横浜商科大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本大学国際関係学部のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

今秋ドラフト候補で主将の谷口は「4番・遊撃」で3回1死満塁から先制2点右前打を放つなど打線の起爆剤となった。

 


PAGE TOP