専大のドラフト候補スラッガー・森山恵佑選手に阪神スカウト評価、秦匠太朗選手は2発

専修大, 森山恵佑, 秦匠太朗

専修大と創価大がオープン戦を行い、専修大のプロ注目の4番・森山恵佑選手が、同じくプロ注目の創価大・池田隆英投手から2安打を記録、また、2年生になる秦匠太朗選手がホームランを放った。この試合にはプロ3球団のスカウトが視察に訪れた。

187cmスラッガー

森山恵佑選手は187cmの左打者で、星稜高校時代は143キロの速球を投げる大型左腕投手としても注目された。しかし当時より豪快な打撃と飛距離にも注目されており、大学では外野手一本でプレーしている。

大学では2部だった2年生秋に打率.341を記録したが、1部に昇格した昨年春は打率.244だった。秋は打率こそ.235だったものの、2本塁打を記録してスラッガーとしての風格がようやく大学でも見せられた。

昨年までは濵田竜之祐選手、渡辺和哉選手がいたため6番など下位打順を打っていたが、今年は主将となり、この日は4番・ライトで出場すると、プロ注目の創価大・池田隆英投手から2本のヒットを記録した。この日は4打数3安打、森山選手は「昨年は打てなかったから、きょうは池田の調子がよくなかったんじゃないですか」と笑ったものの、阪神の中尾スカウトは「飛ばす力は十分の左打者」と評価した。

この日は北海道日本ハム、阪神、広島の3球団のスカウトが視察、阪神は高山俊選手を昨年のドラフトで獲得し、外野手は戦力の層が厚いこともあり指名はないと思うが、左のスラッガーが欲しいチームから指名があるかもしれない。

 

2年生・秦匠太朗選手

またこの日は、2年生の秦匠太朗選手が6番で出場し、2回に池田投手からバックスクリーンに放り込むと、6回には変わった投手からライトに2ランホームランを放った。「多少ボールでも振るつもりで真ん中高めの真っすぐが来た。挙がった感じはよかった」と話した。

秦匠太朗選手は二松学舎大付で高校通算58本塁打を放った長距離砲、プロも注目したものの専修大で技術を磨いている。専修大の重量打線において、重要な役割を担う選手となりそうだ。またホームランバッターがあまり育っていない東都リーグで、注目のスラッガーとなりそうだ。

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

2月22日から3月3日までの愛媛・松山市でのキャンプでは、重さ1キロ長さ87センチの特訓用バットを振りまくった。「長くて重いので、最初は(バットの)ヘッドが出てこなかったが、キャンプの最後くらいにようやく振れるようになった。長打力にこだわっていきたい」。

「昨年は打てなかったから、きょうは池田の調子がよくなかったんじゃないですか」と淡々。視察した阪神・中尾スカウトは「飛ばす力は十分の左打者」と評価した。

秦は、「多少ボールでも振るつもりで真ん中高めの真っすぐが来た。挙がった感じはよかった」と中越え本塁打に笑顔を見せた。


PAGE TOP