日体大の2年生・松本航投手が巨人を7回3安打無失点8奪三振

日体大, 松本航

日本体育大と巨人がプロアマ交流戦を行い、育成選手中心の巨人だったが日体大が2-0で完封勝利を挙げた。2年生になる松本航投手が145キロの速球で快投を見せた。

一昨年のドラフト候補

先発した松本航投手は、明石商時代に147キロを記録する速球で近畿大会などで好投し、ドラフト候補として注目を集めていた。日体大に進むと1年生の昨年秋はエースとして登板し、5勝2敗、防御率1.29の堂々の成績を納め、プロに行ってもよかったのではないかという声も挙がった。

松本投手はこの日の巨人との交流戦で先発すると、最速145キロを記録した速球を中心に育成選手中心の巨人打線を圧倒し、7回を投げてわずか3安打、三振8つを奪い寄せ付けなかった。

ドラフトまでは今年も含めて3年、2018年ドラフトでの候補となる。故障をせず疲労をためずに成長を続けてほしい。

この日の日体大は同じく2年生になる144キロ右腕の東妻勇輔投手、3年生になる141キロ左腕の西沢大投手もそれぞれ1イニングをノーヒットに抑え、2-0で巨人に完封勝利した。

日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

最速は145キロをマーク。8三振を奪うなど育成選手中心の巨人打線を圧倒した。2番手の東妻勇輔(2年=智弁和歌山)、3番手の西沢大(3年=春日部共栄)もそれぞれ1イニングを無安打に抑え、3投手で巨人を3安打完封した。


PAGE TOP