早稲田大が日本通運に逆転勝利、中澤彰太選手タイムリー

中澤彰太, 日本通運, 早稲田大, 池田望, 石井一成

東京六大学と社会人チームの対抗戦が開幕し、昨年春秋連覇の早稲田大は、日本通運に6-2で逆転勝利した。

早稲田大は4年生の竹内諒投手が先発し、初回に2点を失うなど4回5安打2失点だったが、2番手の3年生・北浜竣介投手と大竹耕太郎、4年生のアンダースロー吉野和也投手、そして2年生の小島和哉投手と小刻みな継投でその後の失点を防いだ。小島投手は2回を投げて1安打3奪三振無失点、今年も調子は良いようだ。

打撃では東邦高校出身の三倉進選手が4回に2ランホームランを放ち勝ち越すと、9回にはプロ注目の3番センター・中澤彰太選手が2点タイムリー3ベースヒットを放ち、勝負を決めた。同じくプロ注目の遊撃手・石井一成選手は2打数1安打、3つの四死球を選び勝利に貢献をした。

日本通運は先発のドラフト候補・渡辺圭投手が安定せず4回4失点も、2番手で登板した今年好調の4年目・池田望投手が2回を投げてノーヒット3奪三振に抑える好投を見せた。この春に大活躍を見せているルーキーの北川利生選手は、この日も5打数2安打を記録した。


PAGE TOP